全4473文字

「叱って育てる」「ほめて育てる」どちらが良いとは言えない

大竹:上司という存在は、部下との関係の中で、「キャラを変える」というか、性格を変え、コミュニケーションのやり方を変えていかなくてはいけないということですね。あるときはほめて育てる上司になり、あるときは叱って組織を動かす上司になる。上田さんはその両方をうまく使い分けてきた?

上田:僕はこれまで、たくさんの上司を見てきましたから、そこからたくさん学びましたね。大阪時代はものすごくほめられた。ただ一度成功したくらいなのに、もう10回くらい成功したようにものすごくほめるわけよ。その上司にほめられると、ほめられた以上の恩返しをしなくてはいけないといった気持ちになるんだ。周りにほかの人がいるときに、「上田くんはすごいからね」なんて言ったり、給料の査定を上げてくれたり、そうすると、また頑張ってしまうでしょう。

大竹:それはうまく乗せられたパターンですね。

上田:これが乗せられたパターン。逆に、ものすごく実力のある上司に、目の前でお客さんとの交渉力を見せつけられて、「上田、お前なんかがやったって俺みたいな商売は絶対にできない」みたいなことをギャンギャン言われたこともあった。もう、人格まで否定されているんじゃないかというくらい、怒られるわけ。でも、本当にその人の実力はすごかったから、自分自身も反省することが多かった。

 だから、それはどちらのタイプがいい上司かなんて、なかなか言えないよ。

大竹:だから、この相談を寄せてくれた方も……。

上田:人を見てやらなきゃいけないね。

 あなたの場合は、こういう部下2人は、おだてたり、ほめたりしても状況は変わりません。だから、何のためにこの仕事をやらなくてはいけないのかということをはっきり言って、部下に仕事を指示したからには絶対にやらせる。

 いきなり、僕みたいに「アホ」「ボケ」なんて言うのはなかなか難しいかもしれない。でも、仕事を指示したら、絶対にやらねばならない、ということを明確に伝える。「この業務がありますので手が回りません」といった言い訳をしてくるかもしれない。その場合は、「その業務をいったんやめてでも、こちらを先にやれ」と明確に言う。

 そうやって、指示通り動くように逃げ道をどんどん塞いでいくんです。そうやって自分の意志がはっきりしてくると、強く叱らなければならないような局面でも、気持ちが揺らぐことなく自信をもって叱ることができます。

 ですので、まずはキャラを変える勇気をもって、動かない部下2人対しては、毅然とした態度で挑んでみてください。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手にとってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!

本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!

◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

<第1章 人間関係に効く>
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

<第2章 自分に効く>
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

<第3章 恋愛・生き方に効く>
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個