全4473文字

部下のタイプによって性格を変える

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。2019年5月末に相談役を退任。(写真:的野弘路)

大竹:言うことを聞かない部下を、どのように指導したらよいのですか。

上田:僕はずっと東北の田舎で育ったでしょう。そんな僕が大都会の会社に入って、担当、課長代行、課長となっていったとき、やはりこの方のように、人見知りだとか、奥ゆかしいだとか、慎み深いだとか、そういうところがあって、なかなか部下に対してストレートに指示できないこともあったんです。ただ、そういう状況だと結果として、組織は絶対にうまく回らないんです。それであるときから、言葉遣いを変えましたね。

 「何で分からないんだ」と言う前に、「ボケ」「アホ」から始まる。最初はみんなびっくりしましたよ。いきなり「ボケ」「アホ」と言うようになったのですから。そうしているうちにだんだんと癖になっちゃって、うちに帰っても女房に、「ボケ」「アホ」というようになってしまった。まあ、正直に打ち明けると、女房にそういう話し方をして練習したんだけどね。

大竹:部下への話し方を意識的に変えたんですか。

上田:ちょっと強く言わないといかんなと思ったから。秋田流じゃいかんと(笑)。

大竹:周りの人たちもそんな感じだったんですか。

上田:周りの課を見ていても、やっぱりみんな、そうやっているんですよね。かなり厳しい。僕が部下だったころは、それを見ていて嫌だったわけ。

大竹:何か野蛮だと。

上田:人の心を傷つけるような怒り方と思っていた。だけど、考えてみたら、それで組織が回っていた。しかも、怒るときは東京弁じゃなく関西弁なんだよね。東京弁だと、どこかとげとげしいでしょう。「お前は頭が悪いな」とか、「お前の仕事は何をやっても最低だ」とか、そんな言い方をすると、言われた方は落ち込むよね。だけど、関西弁で、「アホんだら、ボケ、お前、何べん言ったら分かるんや」とか言っていると、意外と怒られても「心配してくれているんだ」といった気持ちになる。僕もそうだった。もちろん、相手にもよるんだけど。

 やはり、あなた自身は自分の性格や人とのコミュニケーションのやり方を踏まえて、部下に対してどのような言い方をしたらいいのか、もう一度、見つめ直した方がいいですよ。私だったら、上司なんだから、もっと強く、やるべきことは指示してやらせる。

大竹:最近だと、怒らないマネジメントが良い上司だと言われることもあります。動かない部下を動かすために、怒るべきところは怒らないとやはりだめなのか、それとも怒らなくても、うまく動かす手段もあるのか、どうなんでしょうか。

上田:相手次第だよね。いい子、いい子とほめればいくらでも「豚が木に登る」状態で頑張る人もいる。逆に、そういう人をたたいたら、「人事に訴える!」「何で私がやらなきゃいけないんだ!」と言うかもしれない。人を見て、だよね。

 良い上司がどういうものかは、その上司の部下にどういう人間がいるのか、その集団によるところが大きいよ。それによってほめて使わないといけない場合もあるし、優しく見守って成長させてやらないといけない場合もある。