全4344文字

怒鳴り散らす上司をうまく使える場合も

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

大竹:この課長、かなりエキセントリックな方なのかもしれません。上司をも精神的に追い込んでしまうような課長に対して、周囲はどのように対処したらいいのかという悩みだと思います。部長だけではなく社長に対しても、もうお構いなしに厳しいことを言って詰め寄って、周りが精神的に参ってしまっています。

上田:僕だったらそういう状況のときに、どういう判断をするか。自分が部署を変わろうが、この課長が異動しようが、結局また、そういう課長にあたってしまうことはあり得るんです。そう考えると、その課長に使われると同時に、その課長をうまく使うことを考えますね。

 例えば、取引先が来ているのに僕に対して大声で怒鳴っているような課長がいたとしたら、「申し訳ありません、課長、お客さんが来ているところで怒鳴っては、会社としてもあんまりよくありません、別のところでやっていただけないですか」と言いますね。そういう人だから、ひょっとすると「なに? 上田、おまえなんか、客の前で言われるくらいの方がいいんだ」と言ってくるかもしれない。

 そうしたら、「まあまあ、課長のお怒りはごもっともですから、反省してやり直します」と少し課長をおだてながら、反省した素振りを見せる。「課長はすごいですね」と褒めたりね。

 そんな褒め言葉の中に、怒り方がおかしいんじゃないかとか、場をわきまえてくれとか、そういうことを少し入れるわけよ。そんな上司は怒りながらも、そういう指摘をしっかり聞いているものだよ。

 さらに上の上司、例えば部長に怒鳴っていたときにも、その後に、「課長、部長にあの言い方はちょっとまずくないですか」とさり気なく言ってみる。きっと、「部長だろうがなんだろうが、あれくらい言った方がいいんだ」と反論してくるでしょう。

 そんなときは、「確かに、部長はマネジメントの観点から課長に対して言うことがずれている部分もあるかもしれませんが、怒鳴っているのを周りで見ていてもあまり感じのいいものではないですよ」と。「うるさい! おまえはだまっていろ」と言われるかもしれない。そうしたら「立場をわきまえずにすみません」とか、適当に言っておけばいい。

 そうしたやりとりができるようになれば、こういう課長はやりやすいときもあるんですよ。

大竹:どんなときですか。

上田:自分が言ったのでは迫力がないときに、「課長、こう思いませんか」と課長をたきつけて、課長から部長や役員に怒鳴り込んでもらうとかね。「おお、言ってきたぞ」って胸を張って帰ってくるよ(笑)。ですから、いかに上手に使うかということを、まず考えてみたらどうですか。

 そしてもう1つ、このような状況が続くと管理部門がもたない、社長に進言しても変わらなかったということだけど、社長に言っても変わらないのであれば、課長を人事異動させるべきであるということを、その背景、理由を添えて親会社にも伝えますと、一度、宣言してみてください。