全3391文字

ユニー・ファミマHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、子育てが一段落し仕事に復帰した女性から。美人だったものの恋愛経験が少なく、恋をするなら今が最後のチャンスと、不倫願望が止まりません。上田さんは「男と女は、死ぬまで男と女だ。ただし……」とアドバイスします。

悩み:子育てが一段落して仕事に復帰して2年、周囲の男性を「男」として意識してしまいます。周囲からは美人と言われて続けてきたのに恋愛経験は少なく、最後のチャンスと思ってしまいます。仕事も家庭も恋人も手に入れたい、というのは貪欲でしょうか?

 43歳派遣社員です。子どもが2人、中学生になり、長い専業主婦生活に区切りをつけて派遣社員として大手企業に勤めて2年たちました。仕事はやりがいがあり職場の人間関係にも良好です。夫も家事を分担してくれ、子どもたちは進学校の私立中学に通っており家庭も仕事も恵まれております。

 さて、恥ずかしながら、正直に申し上げますと、出産後に会社を辞めて再び働き出すまで14年のブランクがあったためか、当初は男性と話すのに戸惑ってしまい、男性社員たちの態度に過剰に反応しておりました。既婚女性なのに、男性社員たちから好意を持たれているのではとまで思っておりました。

 それが今では、失礼ながら男性社員たちを「異性」として見てしまいます。特に役職が高いと、魅力的な男性だと感じ、そんな自分が怖くなります。いずれは派遣から正社員になり、定年まで働くつもりでおりますし、与えられた場所で頑張りたいと思うためにも、知恵のある行動をしたいと思っております。

 けれども、美人だと言われ続けてきたにもかかわらず、恋愛経験が少なく、男性社員に囲まれていると、もっと恋愛をしたかった、するなら女性としてまだ美しくいられる今が最後だとも思ってしまいます。仕事も家庭も恋人まで手に入れたいなどと、貪欲なのでしょうか?

 やりがいのある仕事も平安な家庭もあることにもっと感謝したいのですが、40代の既婚女性にありがちな悩みなのでしょうか?

(43歳 女性 派遣・契約社員)

大竹剛(日経ビジネス):今回のお悩みは、子育てが一段落し、仕事を本格的に再開したという女性からです。家庭と仕事の両立に悩んでいるのかと思いきや、今回は違いました。男性に囲まれ、不倫願望がふつふつと湧いてきている自分は普通じゃないのではないか、という悩みです。

 「仕事も家庭も恋人まで手に入れたいなどと、貪欲なのでしょうか」と悩むのは、40代既婚女性にありがちな悩みなのかと。どうでしょうか、上田さん。きっとこの方は、容姿にもかなりの自信の持ち主ではないかと……。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):彼女は、男性を意識することを抑えているようだけど、僕に言わせれば、男性を「男」として意識するのは、当たり前だね。

大竹:当たり前ですか。