全3045文字

ユニー・ファミマHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、結婚を前提に付き合っていた彼氏が豹変(ひょうへん)、「別れよう」と言われてしまった29歳女性から。ショックを受けつつもズルズルと付き合い続けています。どうしたら幸せな夫婦関係を築けるのか、オシドリ夫婦の大先輩、上田さんに助けを求めます。上田さんは「あなたから『好きです』と迫り、はっきりさせよう」とアドバイスします。

悩み:結婚前提で1年半ほど付き合ってきた彼氏から、「別れよう」と切り出されました。その後、謝罪があったものの、彼との将来が不安です。どうしたらよいでしょうか。

 結婚前提で1年半ほどお付き合いしている彼氏がいます。最近、外資系企業に転職したのですが、相当余裕がないようで、「私とはゴールが違う」「別れたほうがいいと思う」と言われてしまいました。

 さらには、「君なら誰かと結婚できるよ」とまるで人ごと。しかしその後、「早まってあんなことを言ってしまった」と謝罪があり、まだ付き合っていますが、あれ以来、彼の将来に私が入っていなかったということにショックを受けて、彼との将来については不安を覚えています。

 以前に比べて冷静に彼を見るようになり、このまま付き合い続けていいのか悩んでいます。上田さんは素晴らしい夫婦関係を築かれていらっしゃると思います。何かアドバイスがあればお願いします!

(29歳 女性 会社員)

大竹剛(日経ビジネス): 今回は、久しぶりの恋愛、結婚に関する悩みです。結婚を前提にしてお付き合いしていたけれど、別れを告げられて相手のことを信じられなくなり、悩んでいる女性からです。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):この彼は、どういう状況で「別れたほうがいい」と言ったのかな。だけど、最近のカップルというのは、大なり小なり、こんなやりとりはもう2度、3度はあるんじゃないかな。男性も女性から、「あなたとずっとこのまま結婚までいっていいのかしら」とか、「あなたと家庭を持つことが想像できないの」とか、言われる場合も多いんじゃない?

大竹:そうかもしれません。

上田:誰でも付き合っていたら、そういうことはあるはずだよ。ただ、どういう背景でこの彼はそう言ったのかな。非常に深刻な背景があったとは思えないな。そう言った後、すぐ謝罪されたんでしょう? この男性から。「早まってしまった」と。

 あなたとしては結婚を前提に真剣に考えてきたわけだから、ここははっきりと、あなたから男性に言うべきですよ。「あなたは一度、私とは人生のゴールが違うと言いましたけど、私はあなたが好きです!」とね。「結婚を前提に、ずっとこれから付き合って、一緒になりたいと思っています。あなたには、そういう気持ちはありますか?」と、はっきり言ったらいい。

大竹:はっきりと。

上田:もうそれしかない。悶々としていても仕方がないよ。別れたいと言われたショックを引きずりながら、それでもズルズルとこの男性と付き合っていたら、あなた自身がつらくなる一方です。この状態のまま、彼と付き合っていくんですか?