全3049文字

「叱責」ではなく「恫喝」はアウト

上田:一般的に、パワハラの場合は、会社としては上司を飛ばす場合と、被害を受けた部下を別の部署に避難させる場合の、両方があり得るんです。部下に対して手あたり次第パワハラをするような上司は、僕だったらまず飛ばすね。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

 そして、飛ばす時にはっきり理由を言うね。だいたいね、部長クラスまでの社員の人事権は全部、社長が持っているものだよ。だから、そういう場合には、パワハラをしている上司を呼んで、例えば、「あなたは、これで3度目だ。仕事はしっかりやっているけど、あなたが部下にしていることは、『叱責』ではなく『恫喝』。パワハラというやつだ」とね。そして別の部署に飛ばすわけだけど、「もし次にやったら、あなたはもう行くところはないぞ」と、最後通牒を言い渡すよ。

 おそらく、そういうところまでは、あなたの上司はいっていないのだと思う。だから、会社はあなたをまず、子会社に異動させて、この男から避難させた。というわけですよ。

 だけど、あなたは、避難しても親会社と子会社の関係になるから、これからも顔を合わせることを恐れていますよね。

 

大竹:もしそうなったら、避難した意味がないし、そのようなことを想像するだけでも、恐ろしいですよね。

上田:そうでしょう。おそらくこの上司にも、会社はあなたを子会社に異動させたということを、理由とともに伝えているはずです。だから、子会社まであなたを追いかけて行ってパワハラをやるということは、この上司にとっても非常にリスクですよ。

大竹:もしそんなことが会社にバレたら、それこそ上田さんがそうだったように、会社はこの男性に最後通牒を言い渡すと。

上田:そう。だから、そのようなことは、まずないと思うよ。あんまりご心配なく。

大竹:さすがに、この上司もそこまではやらない。

上田:そこまではやらないし、それから、親会社・子会社の関係で直接この男と取引することなんていうのは、まずないと考えていいと思う。さすがに、会社は配慮しているはずですよ。

 だから、あまり心配しないほうがいいですよ。それを不安がっていたら、万が一にも電話がかかってきた時に、あなたの心が疲れてしまいますよ。