全3254文字

何がモチベーションになるのか、見つめよう

大竹:「なぜ、私だけ頑張らなくちゃいけないの?」という気持ちはどう整理したらいいですか?

上田:あなただからこそ、仕事を自分のモチベーションの糧としてできるんだと、プライドを持ってください。周囲の同僚のように、仕事を嫌々やりますか? それで心身ともに健康でいられますか?

 そんな生き方はあなたらしくないです。

 だからあなたは、やはりプラスの世界に踏みとどまって、損得ではなく、仕事を楽しんでください。だってその方が、毎日が楽しいはずですよ。

 

大竹:この方は、とても真面目な方なんだと思います。モチベーションが低い同僚に対しても陰口を叩いて個人攻撃をすることもしないような。

上田:だからこそ、こういう方は周りに左右されず、何が自分のモチベーションなのかをしっかりと見つめてほしいですね。

大竹:もっと自分の仕事に対する向き合い方に誇りを持ってください、ということですね。

上田:その通り。周囲に対して不満を言う必要もありません。そんなことを言うと、自分も負のスパイラルに一緒に落ちていってしまいますよ。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手にとってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!

本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!

◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

<第1章 人間関係に効く>
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

<第2章 自分に効く>
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

<第3章 恋愛・生き方に効く>
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個