全3254文字

仕事は「損得」ではない

大竹:仕事が多い、少ないを、損得で考えてはいけない、ということですか?

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

上田:そう。大切なのは、あなたの心身の健康状態です。仕事が少なくてモチベーションが低く、つまらないと思いながら会社に行くのと、仕事が多くてもモチベーションが高く、会社をおもしろいと思えるのと、どちらが心身の健康にいいか、よく考えてみてください。

 きちっと仕事をして、業務改革もして、新たな仕事も生み出すことが、自分の仕事に対するモチベーションだと思っている方が、心身ともに健康でいられるはずですよ。その逆だと、仕事もしてないのに心身ともにくたびれちゃって、精神的にも沈んでいってしまう。

 あなたは今、そんなマイナスの世界ではなく、プラスの世界にいるんです。そのような認識を持ってください。そう考えることができなければ、あなたも周囲のダメな方々の仲間になってしまいますよ。

 これまであなたは、ずっと前向きに仕事をしてきたのだから、その気持ちを失っては、この先の仕事人生がつまらなくなってしまうよ。

大竹:相談を読むと、昇進や昇給とは無関係な職場とも書いてあります。それでも、この方はモチベーションを維持し、頑張ってきたんですね。

上田:上司からは確実に評価されていますよ。

大竹:評価の結果としての、分かりやすい昇進や昇給がないから、どこか損した気分になってしまうのではないでしょうか?

上田:このような悩みは誰もが持つものでしょう。同じように頑張っているのに、何で彼女が昇進して、私は昇進しないのよ、とか。だから、会社へ行くのがつまらない、モチベーションが上がりません、とか。

 でも、ある意味、昇進や昇給があまりないというこは、あなたはそういう世界からは解放されているわけですよ。職場によっては昇進して陰口を叩かれたとか、そういう悩みを抱えてしまう場合も多いものです。しかし、相談内容を読む限り、あなたの職場はそういうこともないようだから、仕事のモチベーションをどう保つかだけを考えればいい。いっそう、仕事が楽しいかどうか、上司からよくやっていると評価されたかどうか、に気持ちを集中させてみてはどうでしょうか。