全3312文字

「手柄を横取りされた」と思ってはいけない

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

上田:ようするにこの上司は、自分がそういう企画をしてはいけないとか、この仕事はやってはいけないとかを本能的にかぎ分けるタイプの部長なんです。「俺がドスンと上の方針を受けてしまったら、絶対問題が起こる」と考える。そういう仕事はスルーしてしまうんですよ。

大竹:なるほど。

上田:そういうリスク感覚に長けていて偉くなる人もいます。そして、そもそも部長というのはスルーするものです。

大竹:そもそも上司はスルーするものだと。

上田:そもそもね。なぜなら、いろいろな資料を作るといった作業は、部下やアシスタントにお願いするものです。そのうえで、どのような方向の資料がほしいのか、どのようなデータが欲しいのか、何のためにその資料を作るのか、といったことを指示します。

 どのような戦略を立てるか、企画を組むかを考えるのが部長の仕事で、その前段で判断材料となる資料作りは彼女の仕事なんです。

 それを「スルーされた」と思っている。

 まだ入社2年目でしょう。自分が作った資料を持って、何を目指すか、何を方針、政策とするかを決めるのは、彼女の仕事じゃないわけです。だけど彼女は、自分が作った資料で会議をやって、手柄を横取りされていると思っている。でも、どんな組織でも、部下、特に入社数年目の社員というのは、そのような役割を担うことが多いんですよ。

大竹:当たり前だと。

上田:そう。もしかしたらこんなアドバイスをすると、彼女は、「いや、違います。私が資料も作り、どんな企画を打つかのポイントも考えているのに、上司はそれを横取りしているんです」と言うかもしれない。

 でもね、僕は必ずしもそうではないのではないかなと思う。この部長は役員の前で、このような企画を打つべきだという説明やプレゼンを、かなりやっているはずですよ。そもそも、大会社で企画部長なら、それなりの能力がないと務まりません。