全4027文字

「働き方改革」をけなす上司はアマゾンの奥地に飛ばしたい

大竹:ある種、評価はそこそこでも、割り切って受け入れる、ということですか。

上田:「評価をしてほしい」という、その気持ちは大事です。ただ、他の人と同じようには、今は働けないということを、現実のものとしてまず受け入れるということです。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

 残業はそう簡単にはできません、夜の飲み会にもなかなか参加できません、ということを受け入れるしかないですよね。育児中というのがハンディキャップのようになってしまう職場環境は望ましくはないですよ。多様な働き方がもっと認められる社会になるべきだと僕も思います。しかし、子育てをしながらどこまで成果、業績を上げられるか、とにかく、きっちりと過ちなく目の前の仕事を全部きっちりと仕上げることを、積み重ねていくしかありません。

 ただ、上司が「働き方改革とか言っているが君がいるとマイナスだ」と言うのは、よろしくない。

大竹:こういう上司の発言は、今どき“アウト”なのではないですか?

上田:僕があなたの会社の社長だったら、この上司、すぐアマゾンの奥地に地球環境の観測に行かせますね。定年まで帰ってくるなと(笑)。

大竹:即、更迭だ。

上田:だけど、上司が臆面もなくこういう発言をするような会社にもかかわらず、育児も仕事も両立しているということはものすごく価値があり、宝であると考えて、今の自分にプライドを持っていください。

 そして、この会社における仕事の成果や昇進だけを1つの人生の目標のようには思わないことです。割り切って考えましょう。自分は“二刀流”の人生を歩んでいるんだと。それは、仕事だけしかない人生より、よっぽど豊かですばらしいものですよ。

大竹:この方も、上田さんが常々アドバイスをしているように、前向きに、負の言葉を口にしないようにと努力しています。それでも、どうしても卑屈になってしまうことがあると。どうやって前向きなモチベーションを保ったらいいのでしょうか。

上田:まずね、ライバルの同僚なんて無視、です。ライバルが昇格するといったことを考えるほど、余計にライバルの方に目が行ってしまいますよ。こんなライバルなんかね、自分の視野に置かないこと。そっちの方を見ていると、どうしてもライバルが告げ口したのではないかとか、ライバルの方が上司にかわいがられているとか、気にしすぎると、その結果、相対的に自分の評価が低くなるのだとか、そう考えてしまう。

 だから、まずは、ライバルは無視、です。

大竹:視野にすら入れるなと。