全3037文字

筋トレをしよう

上田:そう見えるでしょう。だけど、僕は高校までは、どちらかというと筋肉を鍛えて、運動をさんざんやってきたからね。その蓄積があるので、それ以上鍛える必要がなくなって、運動が酒に変わっちゃったんですよ(笑)。

 それはさておき、あまり心ばかりを鍛えちゃうと、またうつ状態に陥ってしまうかもしれないから、筋肉を鍛えることもお勧めしたい。筋肉を鍛えていると、無心になれるからね。健康な体には健全な精神が宿るというじゃないですか。

大竹:筋肉を鍛えると何がいいんでしょう。私は最近、まったく運動をしていないのですが、そういう意味でいうと危ないですかね。

上田:運動はした方がいいよ。筋肉を鍛えている間は、精神的なものは休止状態になることが多いからね。癒しになるんですよ。

 筋肉が動の時は、心、脳は静。逆に、脳、精神が動の時には体はどちらかというと静になる。心身ともに鍛えるなんてよく言うじゃない。大昔から。

 やはり、そういうことが原点にあると思うんです。

 まあ、これは僕の自己流な解釈の仕方ではあるけれど、精神的につらい時は、自分を1つ、別の世界、本の世界に置いてみたり、筋肉を鍛えたりすることにエネルギーを向けると、悩みというのはかなり軽減されると思うんです。何でこんなつまらないことで悩んでいたんだろうと思う時もある。

 この方はまだ33歳でしょう。焦る必要はないよ。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。

本連載「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」が本になりました! 反響の大きかった話を中心に、上田さんのアドバイスをぎゅぎゅっと編集して詰め込みました。その数、全35個。どれも読むだけで元気になれるアドバイスばかり。上田さんの“愛”がたっぷりのお悩み相談本となっています。ぜひお手にとってみてください。

とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』は、絶賛発売中!

本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!

◇概要◇

『とっても大きな会社のトップを務めた「相談役」の相談室』

<第1章 人間関係に効く>
Q 上司の顔色ばかり見る組織に辟易/Q 上司が危機感を持っていない/Q 理不尽な部長の罵倒に耐えられない、など9個

<第2章 自分に効く>
Q 成長できる「前の職場」に戻りたい/Q もうここで「昇格」は終わり?/Q いいかげん、ぎりぎり癖を直したい、など15個

<第3章 恋愛・生き方に効く>
Q 安定した仕事を持つ男性の方がいい?/Q 出産のタイムリミットが近づいて/Q 年収も家柄も良いのに婚活失敗、など11個