全3924文字

自分の要求をはっきり主張しよう

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):一応正社員だけど、他の“本当の”正社員と比較して賃金が低い。それで仕事は多いと。

大竹:そのようです。

 ちなみに悩み相談にはこうも書いてくださっています。

 「上司は相変わらず、あなたならきっと大丈夫。うちの部署は人手が足りないのが普通。工夫して乗り切らなきゃ、という根性論ばかりで、具体的なアドバイスはありません」

 なんでも現場に丸投げ、ということですね。きっとこのような丸投げ上司、丸投げマネジメントは多いのではないでしょうか。

上田:まず、彼女が主張しなくてはいけないことは、本当の正社員待遇で登用してくださいということです。彼女は、この会社にとって必要な人のはず。「〇〇責任者」という肩書までもらっているということだから、これをまずは言っておかないといけないですね。

 さて、仮に正社員となっても、こういう状況では自分に見合った業務量なのかということも悩んでいるんですよね。

大竹:そうですね。「賃金、立場が変わったけれど、残業手当が付くだけで昇給にも上限があり、賃金の変化はないも同然です」ということで不満のようです。

上田:「割に合わない給料のためにこんな業務量の多いことをやって、体を壊すよりは辞めた方がいいのでは」と言ったことを悩んでいるようですけど、辞めることを決める前に、まずはさっき言ったように「正社員待遇で登用してほしい」と伝えなきゃ。

大竹:まずは、業務量に見合う給料にしてもらうことを交渉してみる。

上田:“一応の正社員”ではなく“完全な正社員”にしてもらう。上司も「君ならできる」だとか「人手が足りないから工夫してくれ」だとか言うんだったら、彼女に辞められたら困るんじゃないの?

 そういう時は、やはり自分の要求をしっかりと主張しなきゃいけないよね。辞めることを考える前に。

 さて、じゃあ、給料も上がった。昇格もする。しかし、業務量が多いとなったらどうするか。完全な正社員になることができなかったら、もう割に合わない、体を壊すと言っているんだから、それ以上続けるのは無理でしょう。だけどまず完全な正社員になれたとしても、この業務量をどうするか。

 これはね、自分のやれる業務量を自分で客観的に判断して、上司にこの範囲までが限界です、と言うしかない。それ以上のことは、私の業務量としてはもう正確にこなせませんとね。

大竹:はっきり言う。

上田:もうはっきり言う。まず自分が今抱えている問題、課題に対してどのような解決策があるかということをあなた自身が考えて、と言うことが必要だね。そのうえで、会社がそれにどう応えるか、ということだよ。

 それは時間の問題なのか、守備範囲の広さなのか。両方あるのかもしれないけれど、これ以上の残業はできませんとか、残業をやるにしても一定の時間内でやるには守備範囲が広すぎますとか。