全3709文字

大竹:家族的に親身になってトレーニングをしているとのことです。それでも定着しない。

上田:それでも定着しないと。ここでいうトレーニングというのは、あまり深く考えなくていいルーティンワークのトレーニングだよね。これはもう、当然必要だからやっているのであって、この会社に定着させるためのトレーニングのカリキュラムというのは、そもそもないと思うよ。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

大竹:家族的に親身になってトレーニングしてもダメだとなると、何ができるでしょうか。

上田:日本食レストランのチェーン店ではないようだから、1店舗もしくは数店舗というのであれば、採用するスタッフもそれほど大人数ではないですよね。多くても十数人でしょう。であれば、その方々にとってステップアップ、例えば“のれん分け制度”というようなものを作るのはどうだろう。

大竹:なるほど。

上田:のれん分けで日本食レストランを自分で持てるという夢を見せることができれば、一生懸命やると思う。

大竹:オーナーシェフは職人気質ということですから、その職人気質をむしろ前面に出して、「この人に学べばのれん分けしてもうまく新しいビジネスをやっていける」といったキャリアアップ、夢を見せてあげれば定着するかもしれない。

上田:自分はここで修業を積むことによって、自分がレストランのオーナーになれる夢があるとすれば、それは定着すると思うんだよね。

大竹:とすると、まとめると……。

上田:「夢を与える」ということだね。

 夢がなきゃ、もうとにかく自分は時間内に与えられた仕事に対する賃金はいくらかと、これしか考えませんから。

 こういう話は、どこでもつきものなんだよ。

大竹:つきもの?

上田:常に、どこでも一緒です。

大竹:日本でも。