岸田文雄首相は1月21日、バイデン米大統領と初めての首脳会談を実施した。バイデン政権発足から1年。中間選挙を今秋に控えて支持率が低迷し、議会対策もままならず、内政で四苦八苦して、外交どころではない。日本としては何とか1時間余のビデオ会談にこぎつけるのが関の山だった。米側は準備らしい準備もできず、日本側が整えざるを得ない事情を考えれば、成功と言っていいだろう。

(写真:Adam Schultz/The White House/AP/アフロ)
(写真:Adam Schultz/The White House/AP/アフロ)

 まず事前準備で大事なことは、何を目玉の成果として新聞の見出しにするかだ。それが今回は「経済版2プラス2」の創設だ。経済安全保障を看板政策とする岸田内閣としては「外務・防衛閣僚による2プラス2だけでなく、外務・経済閣僚による2プラス2も」というのは、一般人にも理解されやすい。

経済安保の連携も要注意

 重要なのは、そこで何を議論するかの中身だ。実は、これはすでに合意されたものが用意されている。昨年4月、菅義偉前首相が訪米した時の日米首脳会談で合意された「日米競争力・強靭(きょうじん)化パートナーシップ」がそれだ。今回はそれを進める閣僚レベルの場を作ることで十分だ。

 これまで日米間の経済分野では防衛分野と違って、さまざまな枠組みがあった。経済となると、米国通商代表(USTR)や財務省なども関わってくる。私が経済産業省の米国担当課長であったブッシュJr.政権時代には、日本側の提案で次官級での5対5会合を新設した。

 しかし上記のパートナーシップが焦点にしているのは、半導体などのサプライチェーンや重要技術の育成・保護といった経済安保が中心だ。そうとなると、プレーヤーは自然と米側がレモンド商務長官、日本側は萩生田光一経済産業相に落ち着く。

 実はこのパートナーシップを昨年4月に立ち上げて以降、日米間の実務レベルでは目ぼしい進展はなかった。それはバイデン政権の高官指名の遅れによる不在もあるが、とりわけ昨年後半以降のバイデン政権の“機能不全”によるところが大きい。半導体など戦略物資のサプライチェーンについて分野別に連携しようにも、議会運営に四苦八苦しているバイデン政権の動きは鈍い。

 経済安保での連携といっても、“構え”だけで、“実態”がついてこない。これが閣僚レベルに格上げされても、問題はバイデン政権が機能するかどうかだ。

 また米国は自国中心主義で、半導体や蓄電池などの「戦略産業の囲い込み」をしようとしていることも要注意だ。日本が不用意に突っ込むと、日本からの一方的な産業・技術の持ち出しになりかねない。連携とは表面的には耳障りはいいが、実態を見極めて冷静に対応すべきだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2154文字 / 全文3242文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「細川昌彦の「深層・世界のパワーゲーム」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。