中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席(写真:新華社/アフロ)
中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席(写真:新華社/アフロ)

対中制裁への対抗策で日本企業は“股裂き”か?!

 中国商務省は1月9日、米国の対中制裁に同調した外国企業を相手に、中国企業が損害賠償を請求できるとする規則を施行した。米国は昨年から、華為技術(ファーウェイ)への事実上の禁輸を強化し、米国の法律の適用範囲を海外にまで広げる“域外適用”で、外国企業によるファーフェイへの再輸出も規制している。そしてファーウェイに続いて、中国の半導体企業SMIC(中芯国際集成電路製造)も、そうした事実上の禁輸の対象に加えている。今回の中国の措置は、このような米国の動きへの対抗策だ。

 裏返せば、米国の再輸出規制が、日本企業による米国の技術を使用した半導体関連製品での中国との取引を止めるという、深刻な影響を与えていることを物語っている。

 日本企業は、米中の間で“股裂き”状態になっている。

 中国が米国によるファーウェイ制裁の域外適用を不当と判断すれば、米国の再輸出規制に従って取引をやめた日本企業が中国で損害賠償を請求されるリスクがある。まさに米国に従うか、中国との取引を優先するかの“踏み絵”を踏まされるのだ。

中国の米国への対抗策は既定路線

 最近の日本の報道は何でも「バイデン政権の発足を前に」という枕詞(まくらことば)を付けて解説する。今回の措置も「バイデン政権の発足を前にけん制する狙いもある」と報道している。しかしこれは必ずしも正しくない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1797文字 / 全文2399文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「細川昌彦の「深層・世界のパワーゲーム」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。