世耕弘成経済産業相のコメントは適切か

 ちなみに、補足解説を書いた直後、世耕弘成経済産業相がツイッターで今回の措置の「経緯」を3点挙げたので、追加コメントしたい。ちなみに、世耕大臣は4点目も上げているが、これは、(1)~(3)の総括的内容なのでコメントは割愛する。その3点とは

  • (1)輸出管理での意見交換に韓国が応じていないこと
  • (2)輸出管理に関する不適切な事案が発生していること
  • (3)元徴用工問題などで信頼関係が損なわれたこと

 しかし私はこうした説明の仕方が問題だと思っている。

 (1)(2)は確かに輸出管理の観点で重大な問題で、適正な輸出管理を行うために今回の措置は当然行うべきだ。ところが(3)はあくまで一般的な「背景」で、今回の措置を行う「理由」とは違う。理由はあくまでも輸出管理上の理由でなければならない。

 (1)(2)と(3)を混在させて、「経緯」として説明していることが問題なのだ。

 (3)は国内の対韓国強硬論の声に応えたいのかもしれないが、それは国内政治の論理だ。

 また韓国にもそうしたメッセージを送りたいのかもしれないが、それは本来の輸出管理とは別次元の問題だ。

 その結果、「事実上の対抗措置」といった、不必要に勇ましい報道や、逆にそうした誤解に基づく批判を招いているのではないか。欧米のメディアまでトランプ氏による制裁と同列に見るという、とんでもない誤解まで生じている。

 (韓国がどうであれ)世界の世論を納得させるためには、今回の措置の正当性の主張はあくまで輸出管理の論理で完結しなければならない。米中による身勝手な論理による制裁で世界秩序が揺らいでいるからこそ、日本は適正な論理を示すべきだ。それが日本の寄って立つ基本ではないだろうか。

この記事はシリーズ「細川昌彦の「深層・世界のパワーゲーム」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。