全2494文字

東京港区の広尾学園などで8月3日と4日、教育環境の変革をテーマにしたイベント「Learn by Creation 2019」が開催され、教育者、クリエーター、起業家などが参加した。アドバイザーとしてイベントに関わった孫泰蔵さんの講演は、子どもだけでなく大人も含めた教育のあり方について触れ、示唆に富む内容だった。その概要をレポートする。(構成・文/日経BP 書籍編集1部部長・中川ヒロミ)

学ぶべきスキルは時代によって大きく変わる

 100年に1回くらい、世の中がドラスチックに大きく変わることがあります。そして今、まさにその変化が訪れようとしています。

 例えば「移動」を考えてみましょう。

 19世紀に人が移動するときには、馬や馬車に乗っていたので、馬を操るスキルが必要でした。20世紀になるとクルマが普及し、クルマをつくり、運転するスキルが必要になりました。そして21世紀の現在には、自動運転の技術が開発されています。ハンドルも運転席もない完全自動運転の「レベル5」と呼ばれるクルマの開発も進んでいます。すると移動に必要なスキルというのは、自動運転に必要なAI(人工知能)を駆使する技術になる。このように、時代とともに必要なスキルも全く変わってきたわけです。

 こうした変化の一方で、教育機関や学校はどうでしょうか?

 19世紀に学校で教えていたのが「読み」「書き」「そろばん(計算)」。20世紀になると、さまざまな知識を教えるようになった。たくさんの知識を持ち、その知識を応用できる人が「頭がいいね」「成績がいいね」と言われてきました。では、21世紀になるとどんなことが必要になるのでしょうか? 21世紀は技術が進化し、AIが登場し、そんな時代にこれまでの知識を教える方法でAIに負けないのでしょうか?

最優先で子どもに教えたいこと

 この問いを考えていく上で、僕が立てた問いがこちらです。

 「もし明日死ぬとして、自分の子に一言だけ遺言を残すとしたら、どんな言葉を遺す?」

 たった一言だけ、大事な子どもに伝えるなら何を言うのか?って考えるのです。みなさんもぜひ、考えてみてください。

 僕の答えはこちらです。

 「世界は自ら変えられる」

 これ、かっこつけ過ぎでしょって言われるかもしれません。僕自身が、かっこよ過ぎるでしょって、自分で突っ込んじゃいます。もちろん、これでいいのかなとか、正解なんてないのかもしれないとも考えています。でも、子どもの幸せを考えていくと、こうなんじゃないかなって思うんです。

 親は、自分の子には幸せになってもらいたいですよね。じゃあ、人間の幸せって何なんだろう。

 僕は、「自分自身で何かを切り開いて、主体的に生き生きとしていること」、これこそが幸せなんじゃないかと思うんです。どうやったらそうなれるんでしょうか? やっぱり「希望」があることではないでしょうか。