日経平均は2月に何度か3万円を超えた後、5月13日に2万7448円まで下がって、再上昇のチャンスをうかがっている感じです。

日本株の現在位置
<span class="fontSizeL">日本株の現在位置</span>
予想EPS=予想1株当たり純利益 出所:UBS
[画像のクリックで拡大表示]

居林:今年、3万円を超えたときに市場が認識していたロジックは、「このまま業績はよくなり続けますね」「円は安いですね」「ワクチン接種、始まりそうですね」というものでした。よって「3万円を大きく超えて3万5000円、4万円になるかもしれない」という話まであったわけです。

ちょっと間が空いてしまいましたけれど、前回(2021年3月23日掲載「『ああ、分かっていたのに』流動性相場の注目サインは何か」)では、こんなお話を伺っています。

  • 低金利(=中央銀行が行っている量的緩和政策の結果)の先行きが注目されているけれど、金利水準が十二分に低い現状では、むしろ流動性(=資金が今後も株式市場に流れ込むか、他に逃げるか)に注目すべきだ

  • 各国の政策がつくりだした流動性が予想PER(株価収益率、株価が1株当たり当期純利益の何倍かを示す)を押し上げている

  • 現在の株式市場は何階建てかになっていて、「IT機器」「耐久財」「建機」「工作機械」、そしてワクチン接種への期待から「娯楽、サービス」と、続々と需要の波が訪れている。

居林:はい、そうでした。

「結論として、日経平均3万円でいったん壁に当たるのではないかと。株価の好材料はほぼ反映されていて、あとは割安なバリュー株がどこまで行けるかの勝負になっているように思います」とおっしゃっていました。

株価は思ったより低位に

居林:そこで2カ月半後に答え合わせをしてみますと、企業の業績予想はどんどん上がっているのに、なぜか株価が10%近く調整しています。「あれ、どうしたかな」というのが今回のお題です。

なるほど。あ、外国人投資家はいかがですか。

居林:たぶん買いませんよ、というお話を昨年末の回(20年12月24日「日経平均は来年どこまで上がるのか?」)で申し上げましたよね。日本企業の存在感はMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルが出している指数の総称。先進国、新興国まで約70カ国の株式市場をカバーし、世界の投資家が参考にしている)の中でどんどん下がってまして、先月、MSCIは日本企業をMSCIスタンダード・インデックスから29銘柄も除き、1銘柄も付け加えなかったというすごい発表をしました。

あっ、これがもしかして。

居林:はい、5月13日の急落のトリガーの1つになりましたね。ただし、入れ替えはもうすんでいますので、売り圧力も1回終わっています。

 3月時点で予測できなかったことがあるとしたら、個人消費回復の切り札、ワクチン接種の遅れでしょうか。こんなに遅くなるとは思いませんでした。思ったより遅れていることが、株価の足を引っ張っていることはあるかもしれません。しかし、これが決定的な要因かというと、違うように思います。

では何が。

居林:中央銀行のテーパリングではないかと。一つ注意していただきたいのは、テーパリングそのものではなくて、「テーパリングの受け止め方の勘違い」が原因だと思っているということです。

続きを読む 2/5 市場は今「勘違い」をしているのか?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2558文字 / 全文6235文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「市場は「晴れ、ときどき台風」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。