(※この記事は2月9日に行われたインタビューから構成しています)

予想を上回るほどの業績改善が見えるわけでもないのに、株価が根拠なく上がり過ぎ、要するにバブルではないかという指摘も増えてきました。

居林:昨年末に「上値は2万7000円」と言っていた(「日経平均は来年どこまで上がるのか?」)のを、今日(2月9日)のマーケットを受けて、3万円まで「高値」を切り上げなきゃいけないかなという気がしてきました。

おおっ、それは……。

居林:ただし、「3万円」というところだけ切り取って考えないでください。しつこく言っていますが、日本の株価は年間で上下必ず20%を超える値動きがあるのです。なので、引き続き「上値はあまりなくて、下値がある」という状況に変わりはありません。

今年の初日が2万7000円として、プラスマイナスざっと3000円、上下幅6000円ぐらいあるんだよということですね。

居林:そう、「2万4000円もある」ということですよ。

でも、3万円超えもあり得ると。

居林:私の昨年までの予想とは違いますが、可能性はあります。今日は、私が何を間違えたと思っていて、どうしようと思っているのか、というお話をしたいと思います。

 まず、日本企業の業績の推移は10-12月期の実績がほぼ出ましたが、私の予想よりも若干強いくらいで大きな驚きはありません。強いて言えば、2020年夏まで業績が非常に悪かった企業の回復が顕著なことです。しかし、株価の方は予想を超えて3万円が視野に入ってきています。投資家の期待度、自信度を表すPER(株価収益率)が上昇しています。

放置されていたグループの逆襲が始まる

今まで株式マーケットを引っ張ってきていたのはハイテク株でしたよね。

居林:はい。実はハイテク株、ほぼイコール「グロース株」ですね、これがまず高値圏に行き過ぎて、若干下がるんじゃないかなと思っていたんです。ところがその前に、今日の1つ目のポイントになりますけれども、それ以外の株、つまり「バリュー株」の上昇が始まった。ということだと思います。私が思っていたより若干早い展開になりました。まだワクチンの接種も日本では始まらず、感染者数が心配ないレベルに下がったわけでもないし、緊急事態宣言が延長された中でも、です。

そもそも、グロース株は業績の成長性を、バリュー株は急成長は期待しにくいけれど、割安感を買う銘柄、ですよね。

居林:はい。

つまり、今で言うと自動車や食品、鉄鋼、建設、海運、インフラ系とか。出遅れ株ってやつですかね。

居林:そうですね、今回のコロナ禍の中では旅行関係(空運、ホテル、旅行会社)や飲食なども大きな打撃を受けましたから、そのような関係も出遅れ株として認識できますよね。ここではバリュー株、グロース株というとかえって分かりにくいので「ハイテク株」と「それ以外(とくに個人消費系)」と言ってしまいましょう。昨年の日経平均はハイテク株が支えてきました。それに対して、「さすがに業績に対する株価水準=PERが高過ぎない?」という声と「それ以外を顧みな過ぎじゃない?」という私の認識でした。

なるほど。

居林:去年のこの連載は、「ハイテク株はまだいけるのか、もういけないのか」という話の代替変数として日経平均を扱っていた側面があります。実は先週「この潮目が変わりますよ」というリポートを出しまして、その中に載せたのがこちらです。

青のバリュー株、すなわちここで言う「ハイテク以外」がきゅっと上がってます。

居林:はい。いよいよ「ハイテク以外」の逆襲が始まった、それゆえ上値がまだあるだろう、というのが今回のテーマというわけです。今の株式市場は2階建て構造になっていて、ハイテク株の上昇の上に、ハイテク株以外の出遅れ銘柄の回復、が載っていると思っています。

続きを読む 2/4 上位20銘柄だけ買えばよかったマーケット

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4174文字 / 全文7521文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「市場は「晴れ、ときどき台風」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。