全4329文字
2018年10月に開催した第2回起業部の様子。APU卒業生たちが、起業部のメンバーに話をした

 2018年10月2日、APU起業部(出口塾)第2回の講義を開催。APU(立命館アジア太平洋大学)の卒業生の中から大分県内で起業した3人の先輩に体験談を語ってもらい、さらにシリコンバレージャパンプラットフォームの共同議長、ダニエル・オキモト氏の特別講演を行いました。

 先輩起業家がよろこんで来てくれるのは愛校心の強いAPUならではのことですが、APUは第一期卒業生がおよそ36歳です。卒業生はみんな若いのです。今回の最年少は2015年度の卒業生、26歳の若き起業家でした。

 なにかを語るには経験が足りないのでは、と思われるでしょうか。でも、僕はこの「若さ」と「年齢の近さ」こそが学生の刺激になると考えています。

 だって、京セラの稲盛和夫さんやソフトバンクの孫正義さんに「自分はこうした」と言われるよりも、年齢の近い卒業生であればずっと「自分にもできそうだ」と感じるでしょう? 数年後の自分の姿に重ね合わせやすいでしょう? こうしたロールモデルにたくさん触れさせ、学生の「できそう」感を喚起したいというのが、APU起業部の狙いなのです。

 実際、3人の先輩の話はとても示唆に富んでいました。

 なぜ起業したか。どのようにビジネスを軌道に乗せたか。起業家にとって大切なものは。大きな失敗経験は――。1人は預金残高のグラフを見せつつ、「この時期は残高が底をついた」と赤裸々に語ってくれました(笑)。学生は、起業のリアルさをきっと感じたことでしょう。

 彼らが口を揃えて言っていたのが仲間の大切さです。助け合うピアや指導してくれるメンターなど、いい仲間を持つことが起業を成功させるためには欠かせない要素だ、と。

 メンターに関しては、中国の古典『貞観政要』にとてもいい話があります。僕の座右の銘でもある「三鏡」――「銅の鏡」「歴史の鏡」「人の鏡」の中の、「人の鏡」です(これについては『座右の書 「貞観政要」』に詳しく書いたので、ぜひそちらをお読みください)。

 この「三鏡」は、リーダーに不可欠な要素を表しています。1つ目の「銅の鏡」は、「自分を映す鏡」。リーダーは自分が元気で明るく、楽しそうにしているかどうかをチェックしなさいということ。2つ目の「歴史の鏡」は、将来何が起こるかの教材は過去にしかないから歴史を学びなさい、ということ。

 そして3つ目が「人の鏡」で、厳しいことを言ってくれる人を近くに置きなさいということです。そうでなければ裸の王様になってしまう、と。

 これはまさにメンターのことで、僕自身、還暦でライフネット生命を起業してからは、諫言してくれる人に随分と助けられました。朝日生命の専務を務められた、伊佐誠次郎さんという人です。

 伊佐さんは僕より年上で生命保険業界の経験も長く、ライフネット生命の常勤監査役になっていただいたのですが、ほぼ毎日、僕は伊佐さんに叱られていました(笑)。ふらっと僕の部屋に来ては、「ここがダメだ」「あんなおかしなことを言うもんじゃない」とぼろくそに言っては去っていくのです。

 その言葉に日々反省し、改善していったおかげで、僕は裸の王様になることなく、社長、会長をなんとか10年間務めることができたと思っています。伊佐さんがいなかったら、きっとどこかで道を間違えていたことでしょう。

 ですから卒業生の起業家には、起業を目指す学生のメンターの役割を担ってほしいのです。「人の鏡」になってもらいたい。

 その意味もあって、今後もあらゆる業種業態の先輩起業家を呼び、講演してもらう予定です。ベンチャーは1社ずつ固有のストーリーがありますから、話を聞くだけでも勉強になります。さらに先輩起業家とのネットワークをつくり、学生との相性や業種業態をマッチングしてそれぞれメンターになってもらおうというわけです。

 今は6人の先生がハンズオンしていますが、具体的にプランが固まってきたら先輩にメンターとしてついてもらう予定です。実際、1年後には起業できそうなプランを練り上げているグループがすでに2~3組出てきました。ビジネスモデルが練り上げられ、いい仲間も集まっている。

 学外の皆さんには「1年後に起業できるのですか、早いですね」と驚かれるのですが、僕がライフネット生命を立ち上げたときも準備期間は1年半程度でした。免許事業は平均2年かかると言われていましたが、人間やろうと思えばできるものなのです。