「自己肯定感」と「自己効力感」の両立

言葉で伝えるだけでなく、南さん自身も手本になろうとしている?

:そうですね。そうありたいと思っていますし、「パパはいつも楽しそうだね」とよく言われます。言葉で伝えるときも、「だから海外に行け」とか「将来は起業したほうがいい」とか、具体的な行動までは示さないです。別にサラリーマンになってもいいし、どんな選択をするのも自由。そういうふうに伝えていたからか、娘が中学に入る面接で面白いことを言っていました。

 「将来は何になりたいですか」という質問に対して、「将来何をするかは今は分からないです。分からないけれど、10年後、20年後、その時々の世の中に困り事はあるはずだから、それを解決できる仕事をしたいです」と答えたらしくて。小学6年時点でそんなことを言うなんて、わが娘ながら面白いなと思いました。

かなり抽象度の高い思考ができる娘さんなのですね。父親と母親の役割の違いについて、ご夫婦で決めていることはあるのですか?

:なんとなくありますね。子どもたちの日々の行動を承認して、「存在するだけで素晴らしい」と自己肯定感を与える役割は妻が。僕が与えるのは、社会を生き抜くために必要な考え方で、「どんな社会がやってきても、自分は乗り越えられる」という“自己効力感”です。

 その点では、息子は自己効力感がとても強く育っていますね。1人で海外に行くのも平気で、この間もドバイ経由でマルタまで1カ月間の語学留学に行っていました。

家族関係として理想的なあり方のイメージはありますか?

:お互いにやりたいことを応援できる一員同士のつながりでありたいと思っています。子どもたちがまだ小さかった頃、妻は「家族はできるだけ一緒にいて、週末も一緒に過ごして、同じ時間を共有したい」と言ってきて、よく衝突していたんです。家族だからといって常に一緒にいることが善ではなくて、家族だからこそそれぞれの好きなことをサポートし合える関係でいたいと僕は思っていて。「将来、子どもにどうなってほしいの?」と妻に聞くと、「幸せになってくれればいい」と。「だったら、好きなことを自由にできる経験をさせていこうよ」と話をしました。(後編は2月4日公開予定)

本連載をまとめた『気鋭のリーダー10人に学ぶ 新しい子育て』(絶賛発売中)
本連載をまとめた『気鋭のリーダー10人に学ぶ 新しい子育て』(絶賛発売中)

本連載「僕らの子育て」が本になりました。新しい時代を担う若手経営者たちや、様々な業界のプロフェッショナルたちが、どのように「育児」と向き合っているのか。2018年8月に発売した『子育て経営学 気鋭のビジネスリーダーたちはわが子をどう育てているのか』の続編。絶賛、発売中です。

■登場する10人のプロフェッショナル

佐々木大輔氏   freee CEO
沢木恵太氏   OKAN代表取締役
森山和彦氏   CRAZY社長
谷田優也氏   ウェルプレイドCEO
長内孝平氏   ビジネス教育系YouTuber
宝槻泰伸氏   探究学舎代表
井手直行氏   ヤッホーブルーイング社長
仲山進也氏   楽天大学学長/仲山考材代表取締役
武田双雲氏   書道家
為末大氏   Deportare Partners代表/元陸上選手

この記事はシリーズ「僕らの子育て」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。