自分を幸せにできない人が、わが子を幸せにできるとは思わない

ご夫婦で決めている「子育ての方針」はありますか?

:子育てのゴールを考えて突き詰めると、シンプルに「自立した人間を育てる」ことしかないですよね。これ以外にないと思います。「勉強ができる子に」や「スポーツができる子に」と願うのは、親のエゴでしかない。子どもの運命は子ども自身が勝手に切り開けばいい。

「自立した人間」とは具体的にどういうイメージでしょうか。

:まず、圧倒的な自己肯定感を持っていること。世の中の価値観や既存のルールにとらわれず、自分の頭で考えて、率先して動けて、誰とでも仲良くなれて仲間をつくれる。これさえ実現すれば、どこにでも行けるし、何をしたって「人生の成功者」になれるじゃないですか。人が幸せに生きるって、そういうことじゃないかと思うんですよね。

目先の成績にとらわれることではない、ということですね。

:「頭を良くして一流企業に就職させてあげれば、子どもが幸せになる」ということはないはずです。だって、「いい会社」で働いている人の中にも、苦しそうな人はいっぱいいますよね。幸せを約束するのは成績ではありません。

 結局は、親が「幸せに生きるとはどういうことか」と突き詰めて考えないといけないし、それを自ら実践して、自分自身がハッピーに生きていないといけません。自分を幸せにできない人が、わが子を幸せにできるとは思えない。それは子育てに限らず、会社経営におけるメンバーとの関わり方とも一緒ですよね。

 どんな時代になっても、幸せに生きられる愛があふれる人間にしてあげること。それが一番の教育だと僕は思っているんです。

その思いは、お子さんにも直接伝えていますか。

:よく話していますね。なんとなく深い話が理解できるようになる小学3年生くらいから。「いい大学に行って、いい会社に勤めようなんて発想はするなよ」「社会はこれからこういうふうに変化していき、テクノロジーも進化していくから、今、君たちが想像できる未来はおそらく全部実現するだろう。いつになるかは分からないけれど、必ずできる。世の中は変わる。だから、今この時点で是とされている概念をうのみにするな。『とりあえずこっちに進めば安泰』という発想は全部捨てろ」と。普段、社内で言っていることとまったく一緒ですね。

 けれど、一方でこうも言うんです。「かといって、背を向けるな。斜に構えて生きろ」。

次ページ 「斜に構えて生きろ」と子どもに教える理由