全4650文字

各種デザイン制作、ウェブマーケティング、美容、ファッション、キャリア相談まで、個人や法人が得意なスキルや知識、経験を売買できるオンライン市場「ココナラ」。大手銀行や企業買収ファンドを経て、同サービスを立ち上げたココナラ社長の南章行氏は、自身の子育てにおいても「“得意”を生かす」ことにこだわっている。現在、高校生と中学生になった子どもたちに、どんな言葉をかけ、どんな応援をしてきたのか。南氏は、「親自身がハッピーに生きること」を大切にしてきたと語る。

なお南氏は2020年2月18~20日に福岡で開催される「ICCサミットFUKUOKA 2020」において、本連載とのコラボ企画「『子育て経営学』—私たちは子供をどう育てていくのか?(シーズン3)」に登壇する予定だ。本連載にも登場したスペースマーケット代表・重松大輔氏らとともに、子育てと経営の共通点などについて語り合う。(後編は2月4日公開予定)

ココナラ代表取締役社長 南章行(みなみ・あきゆき)氏
1975年愛知県生まれ。慶応義塾大学卒業後、99年、住友銀行(当時)に入行。2004年にアドバンテッジパートナーズに入社し、ポッカコーポレーション(当時)などの企業再生を手がける。09年、英オックスフォード大学経営大学院を修了。現地では、音楽を活用した若者向け社会教育プログラム「ブラストビート」の日本法人設立を主導し、帰国後はNPO法人「二枚目の名刺」の立ち上げに参画し、個人の自立・自律をサポートする活動に積極的に関わる。11年に同社を退社し、ウェルセルフ(現ココナラ)を設立し、代表取締役社長に就任。インターネットを通じて、個人や法人が得意なスキル・知識・経験を売買できるスキルマーケット「ココナラ」を運営する。東京都在住。会社員の妻、16歳の長男と13歳の長女の4人暮らし。(取材日/2019年11月29日、写真:鈴木愛子)

インターネットで個人や法人のスキル・知識・経験を売買するスキルマーケット「ココナラ」を運営し、2019年には自伝的著書『好きなことしか本気になれない。』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を出版しました。“個人の人生を応援する起業家”ともいえる南さんがどんな子育てをしているのか、聞かせてください。中学生と高校生のお子さんがいらっしゃるそうですね。

南章行氏(以下、南):はい。上は高校1年生の男子、下は中学1年生の女子です。学校は別ですが、2人とも中高一貫校に通っています。この連載を見ていると、お子さんが小さい頃から深く関わっているパパ経営者は多いようですね。

本連載をまとめた『気鋭のリーダー10人に学ぶ 新しい子育て』(絶賛発売中)

 僕の経験を振り返ると、子どもたちが小さかった頃は、企業買収ファンドの仕事に没頭していて、夜中の3時帰りが続くような毎日でした。物理的に子育てに関われる時間は平日はほぼ皆無で、子育てどころか家で食事すらとれていませんでした。服もスーツだけで全部クリーニングに出していたので、僕に関連する家事すらほとんど発生しない母子家庭状態。かろうじて土日は家にいましたけれど、公園で一緒に遊んだり、お風呂に入れたりする人並み程度のことしかできていませんでした。

 第1子が生まれたのが銀行にいた最後の1年で、2人目はファンドに入って2年目の頃。特に前職のアドバンテッジパートナーズ(AP)は厳しい職場だったので、とにかく自分自身がサバイブすることに必死でした。

子育てに一番手がかかる時期とキャリアにアクセルを踏む時期が重なるのは、男女ともに抱えるジレンマですね。

:そうですね。ただ、家族と過ごしたい気持ちはもちろんありました。AP時代に1年間、イギリスに留学したときには妻と子どもを連れて行き、子どもたちとも密な時間を過ごしました。仕事はハードだったのですが、「5年休まず働いて、1年休む」と職場にも宣言して、MBA(経営学修士)を取りに行ったという経緯です。当時、息子は5歳、娘は2歳でした。息子は当時のことをよく覚えていて、期間中に連れて行ったフランスやオランダの思い出も鮮明のようです。