全4681文字

子どもにゲームやYouTubeを見せるなどどこまでやらせていいのか……。それは、デジタルデバイスが氾濫する中、多くの親に共通する悩みだ。だが、「ゲームこそ子育てに最強」と主張する人物がいる。

急成長中のeスポーツ業界をけん引するウェルプレイドの谷田優也CEOだ。ウェブディレクターの妻と4歳の息子の3人でゲーム三昧の生活を送る谷田氏に、自らの子育てを実践するゲームとの関わり方について聞いた。(後編は12月10日公開予定)

ウェルプレイド代表取締役CEO 谷田優也(たにだ・ゆうや)氏
1982年東京都生まれ。2010年に角川コンテンツゲートに入社。IPデジタルコンテンツのプロデューサーを務めた後、13年よりマーベラスでアジア圏向けスマートフォンのゲームアプリをプロデュースする。2015年11月にウェルプレイドを設立。eスポーツのイベント企画運営、プレーヤーのマネジメントや活動支援、eスポーツ関連のコンサルティングなどを展開する。18年に、戦略シミュレーションゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」の日本初公認リーグを開催。イオン系劇場でのパブリックビューイングや、オフラインイベント「ウェルプレイドフェスティバル」を開催。東京都在住。ウェブディレクターの妻、4歳の長男と3人暮らし。(取材日/2019年11月11日、写真:鈴木愛子)

次世代産業として注目される分野の一つが「eスポーツ」。一方で、「ゲームをどう子育てに取り入れていくか」は、親たちにとって身近かつ関心が高いテーマです。根っからのゲーム好きであり、eスポーツ事業をけん引する谷田さんがどんな子育てを実践しているか、聞かせてください。お子さんは今、おいくつですか。

谷田優也氏(以下、谷田):4歳の男の子を育てています。妻はウェブディレクターで、ウェブサイトやLINEスタンプの人気キャラクターのグッズ開発などを手掛けています。企業数社に出勤していて、僕よりずっと忙しそうです。

 出会いのきっかけですか? ツイッターのオフ会です。京王線沿線に住んでいる人たちのコミュニティーのオフ会に行ってみたときに、真向かいに座った人が彼女だったんです。もう9年前のことで、僕は角川グループでウェブディレクターをやっていた頃。

 その後、個人活動としてゲームのパブリックビューイング・イベントなどを手掛ける中で、「野球やサッカーと同じように、ゲームのプレーヤーが誇らしく生きられる社会を作りたい」という思いを強めて、4年前に起業しました。子どもが生まれた数カ月後のことだったので、妻からは「正気か」と言われましたけれど(笑)。

それだけご多忙な共働き夫婦だと、子育ての分担もハードになりそうです。例えば、毎日の保育園のお迎えはどちらが?

谷田:お迎えは基本的に妻がやってくれています。妻は出産を機に「これからしばらくは、子育てにプライオリティーを置く生活を選びたい」と言って、会社員からフリーランスへと働き方を変えたんです。週に2日は在宅で働き、残りの日も早めに帰宅するようにして、保育園のお迎えに無理なく間に合うワークスタイルに変えたんです。

 代わりに僕は朝の送り担当になりました。妻が作ってくれたご飯を子どもに食べさせて、着替えさせて、保育園グッズを全部まとめて持って保育園まで連れて行って……という一連の流れを週5日やっています。といっても、うちは11時始業なので、そんなに慌ただしくないですよ。もともとゲーム業界は夜型で、当社でも「eスポーツ番組を夜に生放送する」といった仕事もよくあるので、全体的に勤務時間帯は世間一般よりも後ろ倒しになります。

 そのほうがむしろヘルシーで、結果的に保育園の送りとも両立しやすくなっているんです。逆に妻は早めに仕事を上がるから、夜時間帯の子育てはほぼ妻に。シフト制で分担している感覚に近いです。

毎朝保育園に行っていると、他の保護者とも交流が生まれそうですね。

谷田:そうですね。結構、子どもたちも覚えてくれて。最近は、パパ同士の付き合いが楽しくなってきました。親子で参加できるイベントに顔を出しているうちに、声をかけ合える関係が生まれて、パパだけで飲みに行くようになりました。

 保育園で知り合う親同士って業種も全然違って、話すと面白いんですよね。SNS(交流サイト)を通じて、趣味や関心が同じ人たちとつながることは簡単な時代だから、「ただ住んでいる地域が同じだけの親同士の交流」がかえって新鮮というか。

 銀行勤めの人が「住宅ローンの審査が通るメカニズム」を教えてくれるなど、普段聞けない話で盛り上がっています。僕はやっぱり「デジタルデバイスに触れさせるタイミングはいつごろがいいのか」と聞かれることが多いですね。