全5006文字

 スタートアップ企業から大企業まで、経営者や経営幹部、各分野のリーダーたちが集まってビジネスコンテストやトークセッションなどを繰り広げる「Industry Co-Creation (ICC) サミット」。大きな影響力を持つこのイベントで、旬の起業家・経営者たちは何を語り合っているのか。

 日経ビジネスでは、2019年9月に京都で開催された「ICCサミット KYOTO 2019」を取材。同年2月に開催したICCサミット FUKUOKA2019において、日経ビジネス電子版との共同企画として大好評だった「『子育て経営学』―私たちは子供をどう育てていくのか?」は今回、シーズン2が開催された。日経ビジネス電子版の連載「僕らの子育て」などとタッグを組んだ本セッションで、旬の経営者たちは、自身の子育てについて何を語ったのか。未来を予測しづらい中、わが子にどんな機会を与え、どんな才能や能力を伸ばそうとしているのか。2週間前から3回にわたって「『子育て経営学』―私たちは子供をどう育てていくのか?(シーズン2)」で語られた内容を紹介している。前編「本人の意向か親のリベンジか、子どもの習い事どう決める?」と中編「もう未来は予測できない、子育ては『適合』から『創造』へ」に続いて、後編では子どもを「開かれたオタク」に育てる方法を語り合います(構成/宮本恵理子)。

トークセッションに登壇した5人。(右から)モデレーターを務めたUBS証券マネージングディレクターの武田純人氏、探究学習を柱とした教室「探究学舎」を運営するワイズポケット代表取締役の宝槻泰伸氏、ジャパンタイムズ代表取締役会長の末松弥奈子氏、ウェルスナビ代表取締役CEOの柴山和久氏、WiL共同創業者CEOの伊佐山元氏(取材日/2019年9月5日)

宝槻氏(以下、宝槻):突然ですが、僕から皆さんに問いを投げてもいいですか。

 これまでの話の中で、皆さんの共通の思いとして確認できたのは、「子どもには自分の好きなこと、やりたいことを見つけてほしい」という思いです。ではどうやったら子どもの好きなことを芽吹かせていけるのか。それを親として、どう働きかけられるのか。ぜひ教えてください。

武田氏(以下、武田):せっかくですので会場の参加者の皆さんの意見も伺いましょう。子どもが好きなものに出合うために親ができることは何か。いかがですか。

参加者:近くにいた人たちと意見を出し合いました。結論は、「子どもにいい問いを与えること」。例えば子どもがサッカー選手になりたいと言ったとき、「セリエAで活躍する」以外の選択肢として、サッカーに関わり続けられる役割はないのか、と考える。例えばチームのゼネラルマネジャーになる道もあるし、エージェントになる道もある。可能性を広げられる問いを立てることが大事だ、と。

武田:ありがとうございます。登壇者の皆さんはどう考えるのでしょう。

宝槻:僕は末松さんと話してみたところ、いい意味で違いを楽しめました。

 僕は「探究心の種をまく」という表現が好きでよく使っています。子どもは畑のようなもので、いつかまいた種が芽を出し、木に育ち、花が咲いて、実をつける。それを1つの成長だとしたら、やはり「種をまく」というアクションが大事だと思うんです。しかも種のまき方も、でたらめの方がいい。綿密に計画して、「これはスポーツの種、これは音楽の種」というのではなく、親が面白いと思う種を、とにかくランダムに放り投げる。これが現代の子育てのイメージです。

 ちなみに、このインスピレーションの元になったのは農業の成り立ちです。人類が農業を始めたときは、ランダムに種をまいていたそうです。なぜなら、どの土壌にどの植物が適しているのか分からないし、栽培プロセスも分からない。手元にある種をとにかくまきながら、「ここはサツマイモがよく育つ」「こっちはジャガイモだ」と発見していく。原始時代の農業が、現代の子育てに近いというのは面白いですよね。

 一方で、末松さんは「私は全く関わろうとしない」ということです。