全6463文字

 スタートアップ企業から大企業まで、経営者や経営幹部、各分野のリーダーたちが集まってビジネスコンテストやトークセッションなどを繰り広げる「Industry Co-Creation (ICC) サミット」。大きな影響力を持つこのイベントで、旬の起業家・経営者たちは何を語り合っているのか。

 日経ビジネスでは、2019年9月に京都で開催された「ICCサミット KYOTO 2019」を取材。同年2月に開催したICCサミット FUKUOKA2019において、日経ビジネス電子版との共同企画として大好評だった「『子育て経営学』―私たちは子供をどう育てていくのか?」は今回、シーズン2が開催された。日経ビジネス電子版の連載「僕らの子育て」などとタッグを組んだ本セッションで、旬の経営者たちは、自身の子育てについて何を語ったのか。未来を予測しづらい中、わが子にどんな機会を与え、どんな才能や能力を伸ばそうとしているのか。先週から3回にわたって「『子育て経営学』―私たちは子供をどう育てていくのか?(シーズン2)」で語られた内容を紹介している。

 前編では、子どもの才能を伸ばすために、どのような習い事をさせるかというテーマが話題に。スポーツや音楽、勉強など、誰もが試行錯誤を重ねながらも、1つの軸を持って習い事を決めていることが分かった(詳細は「本人の意向か親のリベンジか、子どもの習い事どう決める?」)。中編となる今回は複雑になる未来に向けて、親はどのように判断して子どもたちを育てていくのか。未来を予測するのか、一緒に未来をつくるのか、それともすべてを子どもに託すのか。リーダーたちの意見を聞いてみよう。(構成/宮本恵理子)

トークセッションに登壇した5人。(右から)探究学習を柱とした教室「探究学舎」を運営するワイズポケット代表取締役の宝槻泰伸氏、WiL共同創業者CEOの伊佐山元氏、ジャパンタイムズ代表取締役会長の末松弥奈子氏、ウェルスナビ代表取締役CEOの柴山和久氏、モデレーターを務めたUBS証券マネージングディレクターの武田純人氏(取材日/2019年9月5日)

武田氏(以下、武田):セッションの前半では、どのように夫婦で子育ての方向を合わせていくのかについて、末松さんのご意見を伺いました。宝槻さんのご家庭はいかがでしょうか。

宝槻氏(以下、宝槻):うちは妻と120%シンクロしていると思います。日々の保育園のお迎えをどうするかといった「doing」はすごくけんかしますけど、こうありたいという大枠の世界観、「being」ではかなり一致させてきました。

伊佐山氏(以下、伊佐山):わが家も同じですね。妻とは価値観が似ていて、結婚する時に「人生で一番大事なものは何か」と聞くと、彼女は「周りの人を喜ばせること」と言ったんです。「あ、自分と似てるな」と思って、実際にその通りでした。

 米国での子育ては互いに未経験ですし、教育も試行錯誤でした。ただ外国だからこそ「自分たちがしてきた受験の成功体験はここでは全く役に立たない。だから子どもたちに考えを押し付けるのはやめよう」と意見を一致させられたのは良かったのかもしれません。

柴山氏(以下、柴山):うちもシンクロしています。僕がそのつもりでも、妻は何と言うかは分かりませんが(笑)。でもファクトベースで考えると、「シンクロした!」と思える経験はありました。

 例えば、娘の通い先をインターナショナルスクールから、近所の公立幼稚園に変えたとき、決め手は「とにかく、うちの園では子どもを遊ばせます」という方針でした。これに私たち夫婦は強く共感できた。保護者の中には、「早いうちから平仮名や算数を教えてください」と言う人もいるらしいのですが、そこの園は「一切勉強はさせません。泥んこになって遊ばせます」と徹底している。

 「すごくいいよね」と夫婦で意気投合してすぐに入園を決めました。意見が分かれることも今後はあるかもしれませんが、今のところ、大きな方針はそろっている気がしています。

武田:ありがとうございます。では、セッションの前半から続いて「わが家の子育ての創意工夫」、宝槻家にいきましょう。