全4011文字

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載35回目に登場するのは、書道家の武田双雲氏。2019年6月「第38回ベスト・ファーザー賞」も受賞した武田氏。3人の子どもの父として、スーパーポジティブな子育てを実践している。武田氏は、日々成長する子どもたちに「すげえ!」と感動し、武田氏自身も毎日を幸せに機嫌よく生きていると明かす。その姿勢は子どもたちにどんな影響を与えているのだろうか、話を聞いた。

書道家 武田双雲(たけだ・そううん)氏
1975年熊本県生まれ。3歳から、書家である母・武田双葉に師事。東京理科大学理工学部卒業、NTTに入社。3年勤務した後、書の道へ転身。神奈川県湘南で書道教室「ふたばの森」を主宰するかたわら、書道の概念を新たにする個展やパフォーマンス書道など、斬新な作品・表現を発表し続ける。映画「春の雪」「北の零年」、NHK大河ドラマ「天地人」の題字、世界遺産「平泉」などのロゴを多く手掛け、書を依頼する経営者のファンも多い。伊勢神宮、興正寺などにも献書。現在は、色鮮やかな画材によるアート表現も精力的に行う。『上機嫌のすすめ』(平凡社)、『ポジティブの教科書』(主婦の友社)など著書多数。2020年初めに大規模展覧会を予定。神奈川県在住。専業主婦の妻、13歳の長男、11歳の長女、4歳の次男と5人暮らし。(取材日/2019年7月9日、撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

武田さんは、2019年6月に発表された「第38回ベスト・ファーザー賞」を受賞されました(同じく本連載の初回に登場した早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授も受賞、記事は「親の言うことを聞く子どもになってほしくない」「育児とは、答えが見えない永遠の学習」)。おめでとうございます。

武田氏(以下、武田):ビックリしました。授賞式にいただいたトロフィーは、父親が子どもを肩車している像なんですが、毎日のように僕と子どもがやってきたことで、「こっそり見られていたのかな」と思いました(笑)。

 受賞は光栄でうれしいんですけれど、正直ピンときませんでした。

 なぜなら僕自身はまったく「子育て」している感覚がないから。自分が育てているなんておこがましい、と思うくらい、すばらしいすてきな子たちで、いつも「すげえ!」「うちに来てくれてありがとう!」とひたすら感動しているだけです。

 子どもたちはリスペクトできる親友みたいな存在で、僕自身が「父親」という感覚はあまりないかもしれませんね。

中学生から幼稚園児まで、3人のお子さんがいらっしゃいますね。

武田:中2の長男は社会派リーダータイプで、小学校では生徒会長もやっていました。幼稚園から高校までの私立の一貫校に通っていて、中学に入ってからは、世界の社会問題に関心が強くなったようで児童労働問題を問いかけるための団体を立ち上げて、フェアトレードのチョコレートを販売する計画を立てたりしています。

 この間、「パパ、ちょっと東京に行ってくるから、電車代くれない?」と言うから、「何をしに行くの?」と聞いたら、「社長と対談してくる」って(笑)。聞けば銀座の老舗「サヱグサ」の三枝亮社長にお会いしてきたみたいで。あとでその様子がネットニュースになっていたから、さらに驚きました。

 子どもは親の想像をどんどん超えていくなぁと、まぶしく見ていました。多分、彼は将来、世界を変えるリーダーになるんだろうと思います。

 決してガリ勉タイプではないのに、勉強もよくできて、サラッとすごい成績を取ってくる。仲が良くて、よく一緒に遊ぶんですが、最近は僕が「ドライブ行こうよ~」と誘っても、「ごめん。勉強した後で学校改革のオンライン会議やるから」と断ってきます。あれ、なんか逆じゃないか?って不思議です(笑)。