全4169文字

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載31回目に登場するのは、元陸上競技選手の為末大氏。世界陸上選手権や五輪に出場し、2019年7月時点で男子400mハードル日本記録を保持する為末氏。2012年に現役を引退した後も、スポーツやアスリートらを通じた社会課題の解決などに取り組んでいる。プライベートでは現在4歳児の父として、日常的に子育てに携わっているという。第一線で活躍したアスリートでもある為末氏は、自身の息子をどのように育てているのか。インタビューの前編で為末氏は子どもの自己肯定感を育てることが大切と語った(詳細は「為末大氏が実践、子どもの言語能力を育てる親の『あいづち力』」)。

 インタビュー中編では「子どもにどんなスポーツをさせせるべきか」という親の素朴な疑問に、為末氏が独自の観点から提案してくれた。

Deportare Partners代表、元陸上選手 為末大(ためすえ・だい)氏
1978年広島県生まれ。幼少期より陸上競技で頭角を現し、法政大学卒業後、大阪ガスを経て、2003年にプロ転向。2001年、世界陸上競技選手権エドモントン大会において、男子400mハードルで日本人初の銅メダルを獲得。2005年の同ヘルシンキ大会でも銅メダル獲得し、2019年7月現在、男子400mハードル日本記録を保持する。オリンピックには、2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京と3大会連続出場を果たす。2012年に引退を表明し現在は、スポーツとテクノロジーを掛け合わせた課題解決プロジェクトを行うDeportare Partnersの代表のほか、アスリートの社会貢献を支援する一般社団法人アスリートソサエティの代表理事、新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長、ブータン王国オリンピック委員会スポーツ親善大使なども務める。主な著書に、『走る哲学』(扶桑社)、『限界の正体』(SBクリエイティブ)など。東京都在住。専業主婦の妻、4歳の長男と3人暮らし。(取材日/2019年6月24日、撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)

インタビュー前編で、為末さんは子どもの自己肯定感を育てるようなあいづちの仕方などについて、お話をいただきました(詳細は「為末大氏が実践、子どもの言語能力を育てる親の「あいづち力」」。
 続いて、子どもへの声かけに関連して質問です。為末さんが以前開催されたランニング教室で、保護者向けのアドバイスとして「子どもが転んだ時にはできるだけ無視してください」とおっしゃっていたのが印象的でした。改めて、この理由を教えてください。

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

為末氏(以下、為末):失敗について、本人が何に傷ついているかを分析すると、失敗したことそのものよりも、周囲の反応に傷ついていることが多いんです。大人も駅で転んだ時は、周囲からの視線が痛いわけです。もちろん身体的にも痛いけれど、誰もいない無人駅で転ぶほうが気持ちの面はラクですよね。

 子どもが失敗を怖がるのは、「失敗して笑われた」という記憶がネガティブに刷り込まれているからです。「気にしないで! 頑張れ!」と励まされるのも、かえって大ごとに受け取ってしまうことになりかねません。

 一番いいのは、スルーなんです。「転んじゃったの? はい、次の人が来るからどいて」というくらいに、「なんでもない」という態度で流すと、子どもも失敗を失敗と思わないで済みます。すると、また仮説検証のための試行錯誤を繰り返していけます。

「試行錯誤」というのもキーワードですね。

為末:人間が楽しめる営みのほとんどは「試行錯誤」じゃないですか。仕事もそうだし、魚釣りやスポーツ、ソーシャルゲーム……どんな趣味も、飽きずに続けられるのは試行錯誤ができるからです。

 だから、子どもには試行錯誤を楽しめる思考を身につけさせたいと思っています。「うーん、こっちかと思ったら違ったな。だったらこれはどうかな。あ、なるほどね」と言いながら人生終えられたら最高ですよね。