全4332文字

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載31回目に登場するのは、元陸上選手の為末大氏。世界陸上選手権や五輪に出場し、2019年7月時点でも男子400mハードル日本記録を保持する為末氏。2012年に現役を引退した後も、スポーツやアスリートらを通じた社会課題の解決などに取り組んでいる。プライベートでは現在4歳児の父として、日常的に子育てに携わっているという。第一線で活躍したアスリートでもある為末氏は、自身の息子をどのように育てているのか。習いごとは? スポーツは? いろいろな切り口から話を聞いた(今回はその前編)。

Deportare Partners代表、元陸上選手 為末大(ためすえ・だい)氏
1978年広島県生まれ。幼少期より陸上競技で頭角を現し、法政大学卒業後、大阪ガスを経て、2003年にプロ転向。2001年、世界陸上選手権エドモントン大会において、男子400mハードルで日本人初の銅メダルを獲得。2005年の同ヘルシンキ大会でも銅メダル獲得し、2019年7月現在、男子400mハードル日本記録を保持する。オリンピックには、2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京と3大会連続出場を果たす。2012年に引退を表明し現在は、スポーツとテクノロジーを掛け合わせた課題解決プロジェクトを行うDeportare Partnersの代表のほか、アスリートの社会貢献を支援する一般社団法人アスリートソサエティの代表理事、新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長、ブータン王国オリンピック委員会スポーツ親善大使なども務める。主な著書に、『走る哲学』(扶桑社)、『限界の正体』(SBクリエイティブ)など。東京都在住。専業主婦の妻、4歳の長男と3人暮らし。(取材日/2019年6月24日、撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)

為末さんは陸上選手として現役引退後も、アスリートの視点から、様々な業界と協業するプロジェクトを展開しています。プライベートでは、とても子煩悩なパパぶりを発揮しているそうですね。ご家族構成を教えてください。

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

為末氏(以下、為末):妻と子どもの3人暮らしです。子どもは4歳の男の子で、僕にソックリと言われます(笑)。僕は、もともとすごく子ども好きだったわけではないのですが、子どもが生まれて顔を見た瞬間からかわいくて、思っていた以上に子育てを楽しんでいます。全く苦になりません。

普段はどのように子育てに関わっているのでしょうか。平均的なスケジュールを教えてください。

為末:朝起きたら、子どもと一緒に支度をして、8時45分に幼稚園に送りに行って、そのまま仕事に行くのがルーティンです。迎えは基本的には妻の担当ですが、早めに仕事を切り上げられたら僕が迎えに行くこともあります。

 夜も「週に3回は、18時までに帰る」というルール。これは社内にも共有されていて、社員には僕のスケジュールを組む際に協力してもらっています。

毎朝の幼稚園送りと、週3回の早帰り。思った以上に子育てにコミットしていますね。

為末:妻は子ども時代に米国で育っているので、「子育ては夫婦がフィフティーフィフティーでやるもの」という考えに近いんですかね。僕も同意見ではあるのですが、最初はちゃんと理解できていなくて、会食で夜遅くに帰る日が続いたりして、今に至るまでに、すったもんだはありました。

 いろいろ試して、ここ2年くらいで今の生活リズムに落ち着いた感じです。

子育てをきっかけに生活スタイルを変えることに抵抗はなかったですか。

為末:結局、時間は有限ですから「何を諦めるか」を考えました。僕の場合はそれが「夜の会食を極力やめる」という選択になりましたが、やってみたら、それほど支障はありませんでした。

 むしろ「これまでムダにご飯を食べていただけなのかもしれない」と思うくらいで、大した変化は起きませんでした。子どもの生活のリズムに合わせて早く寝て、早く起きる生活を続けるようになって、仕事もやりやすくなった気がします。子どものお弁当も週2回作ってます。