全3892文字

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載30回目に登場するのは、画像・動画・音楽の素材サイト「PIXTA」、出張撮影プラットフォーム「fotowa」、スマートフォンアプリ写真売買サイト「snapmart」などを展開するピクスタ社長の古俣大介氏。

 現在は、3人の子ども(9歳の長男、7歳の次男、1歳の長女)がいるが、長女誕生の前には妻が妊娠高血圧症で入院。1カ月ほど、2人の息子を1人で世話したという。この間、事業にほとんど影響がなかったという。具体的に働き方をどのように変えれば、子育てに関わりながら社長業を務められるのか、話を聞いた。今回はその前編。

ピクスタ代表取締役社長 古俣大介(こまた・だいすけ)氏
1976年埼玉県生まれ。多摩大学在学中にコーヒー豆のインターネット販売、女性向け古着販売のサイト運営を開始。大学4年のときに創業間もないガイアックスでインターンとして勤務。大学卒業後、正社員として同社に入り、営業マネジャーに。在職中、2つの新規事業を立ち上げ、2000年に子会社の取締役に就任。2002年、自身の会社として万来を設立し、飲食店向け販促デザイン事業を開始。その後、美容健康グッズのネット販売事業を展開し、年商1億円に。2005年、オンボード(現ピクスタ)を設立し、現職。画像・動画・音楽の素材サイト「PIXTA」、出張撮影プラットフォーム「fotowa」、スマートフォンアプリを使った写真売買サイト「snapmart」などを展開。シンガポール、台湾、ベトナム、タイ、韓国にも拠点を持つ。東京都在住。専業主婦の妻、9歳の長男、7歳の次男、1歳の長女と5人暮らし。(取材日/2019年6月7日、撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)

「ナナロク世代」のネットベンチャー起業家として、創業時も注目されていた古俣さん。最近はアジア展開にも積極的でさらに事業を広げていますが、プライベートでは3人のお子さんのお父さんとのこと。ご家族構成を教えてください。

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

古俣氏(以下、古俣):妻と、小学4年生の長男、2年生の次男、1歳になったばかりの長女の5人家族です。妻とは大学に入る前の受験合宿で知り合った長い付き合いで、何でも率直に言い合える関係です。妻は、今は仕事はしておらず、子育てを頑張ってくれています。

3人目のお子さんは、「待望の女の子!」だったのでしょうか。

古俣:そうですね。初めての女の子ですので、やっぱりかわいいですね。男3兄弟でもワイワイと楽しかったと思いますが。僕自身が男3兄弟の真ん中として育ったので、その良さも分かっているんです。

実は、僕自身は「子どもは2人でもいいかな」と思っていて、住まいやクルマも4人家族に合わせて最適化してきました。けれど数年前に突然、妻が「やっぱりもう1人欲しい」と言い出して。

 次男がもうすぐ小学校に上がるという時期で、「ようやく子育てが少し落ち着くか」と思っていた頃なので、簡単には考えられませんでした。

 それでも同い年の妻の希望は強くて、半年くらい話し合っても意思は揺らがない。それほど強い思いならと、5人家族シフトを決めました。

 生まれてみると、3人という単位は悪くないですね。2人だとどうしても1対1になって比較や対立につながりやすいけれど、3人だとそれぞれに個が立つ感じがします。上の2人が想像以上に妹をかわいがっていることに驚くくらいで。

 経営も複数でやるなら、2人より3人以上のほうがいいと言いますよね。当社も4人で経営しているのですが、お互いに尊重し合えるいいバランスを保てていると思います。