全3544文字

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載28回目に登場するのは、テレビ東京ディレクターの高橋弘樹氏。プロデューサー・演出を務めるバラエティー番組「家、ついて行ってイイですか?」は終電を逃した老若男女の日常生活に密着。“市井の人のドラマ“を描いて高視聴率を記録した。ほかにも多様な番組を手掛け、自身で脚本・撮影・編集も担当するオールラウンダーの高橋氏だが、プライベートでは1歳7カ月の長男の子育てに全力を投じているという。テレビマンらしいユニークな視点で子育てに関わっている高橋氏に話を聞いた。今回はその前編(後編は6月4日に公開予定)。

テレビ東京ディレクター 高橋弘樹(たかはし・ひろき)氏
1981年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、2005年テレビ東京に入社。制作局に所属し、ドキュメンタリー番組やバラエティー番組の制作に携わる。プロデューサー・演出を務めるバラエティー番組「家、ついて行ってイイですか?」は、終電を逃した老若男女の日常生活に密着。“市井の人のドラマ“を描いて高視聴率を記録。そのほかに演出を手掛けた作品として「吉木りさに怒られたい」「ジョージ・ポットマンの平成史」「空から村人発見! パシれ!秘境ヘリコプター」、ディレクターとしては「TVチャンピオン」「世界ナゼそこに?日本人」など。番組制作では、自身で脚本・撮影・編集も担当するオールラウンダー。これまで執筆した脚本は2000ページ、ロケ本数300回、編集500本以上にのぼる。最新刊は『1秒でつかむ』(ダイヤモンド社)。東京都在住。専業主婦で8歳下の妻、1歳7カ月の長男と3人暮らし。(取材日/2019年2月14日、撮影/鈴木愛子)
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

高橋さんは、低予算ながら独自のテーマと演出が光る人気番組「家、ついて行ってイイですか?」を手掛けたプロデューサーであり、ご自分でも脚本・撮影・編集をこなすオールラウンドなディレクターとしてテレビ業界の第一線で活躍しています。ハードワークの印象があるテレビマンの中でも、かなり仕事に没頭されている方ではないかと思ったら、プライベートでは子育てにも全力で没頭しているとか。お子さんはおいくつですか。

高橋氏(以下、高橋):1歳7カ月になりました。男の子です。イヤイヤ期はまだ迎えていなくて、かわいい盛りです。

日常的にどのように関わりを持っているのでしょうか。

高橋:一応、家庭内のルールとして妻と約束しているのは、「日曜は休むこと」。どや顔で言うほどのことではないのですが(笑)。もう1つ、平日も「週に2回は、夜10時までに帰宅すること」というルールを結婚当初からつくっていて、何とか守れています。

テレビマンは夜も遅いというイメージがあるので意外です。

高橋:でも夜10時に帰宅すると、子どもが既に寝ているので顔を合わせられないということが分かり、最近は「夜7時にいったん帰宅。子どもと一緒にご飯を食べて、遊んで、お風呂に入れてから、仕事に戻ってもよし」というふうに、ルールが改正されました。妻もその方が、手が増えて助かるようなので。

 ということで、一応、週3回は子どもと深く接する時間を持つようにしています。

 あとは、朝の時間も貴重なコミュニケーションタイムで、午前中の会議が遅めに設定された日は、子どもと遊んでから出社するようにしています。朝は8時くらいまで寝たいなぁと思うんですが、子どもは早起きですよね。7時くらいに、ペットボトルで頭をポカポカと殴られて、起こされています(笑)。