全3033文字

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載26回目に登場するのは、元伊藤忠商事の社員で、ビジネス教育系YouTuberとして活躍する長内孝平氏。長内氏は一人娘が生まれてから、実家のある青森にUターンすることを決めた。誰もがうらやむ総合商社を辞し、実家に帰った狙いとは何なのか。そして今、一人娘の子育てに、どんな風に関わっているのか、話を聞いた。今回はその後編。

Youseful代表取締役/ビジネス教育系YouTuber 長内孝平(おさない・こうへい)氏
1990年青森県生まれ。神戸大学経営学部在学中に、米ワシントン大学に留学。大学卒業後、2015年に伊藤忠商事に入社し、会計・税務を専門としてトレード・投資案件のプロジェクトに従事。同社在職中から、エクセルをはじめとするITツールの活用法を動画で分かりやすく配信する「おさとエクセル」を運営。2018年7月、同社を退職し、Yousefulを設立。同年11月から故郷の青森に拠点を移し、子育てと配信事業を両立させる。同番組では累計140本をリリースし、視聴再生数は180万回を超え、番組登録者数は教育系では大ヒットとなる2万9000人を突破。Excelの短期集中トレーニングプログラムを独自に開発し、企業研修なども行う。『Excel 現場の教科書』(インプレス)が好評発売中。青森県在住。元英会話講師の妻、0歳7カ月の長女、母と4人暮らし、父は秋田に単身赴任中。(取材日/2019年1月18日、撮影/鈴木愛子)
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

インタビューの前編(「エクセルYouTubeはなぜ伊藤忠を辞めて、青森での子育てを選んだのか」)で、長内さんは会社勤めを辞めて独立し、夫婦で娘を育てるために青森の実家にUターンしたと話してくださいました。やはり「子育てに時間をかけられる生活」というのは、前職では難しかったのでしょうか。

長内氏(以下、長内):そうですね。もちろん、うまく実践できる人はいると思うのですが、僕の場合は、周りの先輩たちの働き方を見たり、活躍の前提として用意されるキャリアコースと照らし合わせたりした時に、「これでは子育てを楽しむ余裕は持てないな」と感じてしまったんです。

 でも希望はゼロではないと思っています。先日、東京に出張した時に、前職の同期と会って話をしたんですが、彼も僕のように子育てに関わりたいと言っていて。

 ただ正直、僕のような決断は誰もが簡単にできるわけではありません。僕自身、これを実現するための準備を3年以上かけてやってきたという感覚があります。

 それで彼がどういう方法を取ろうとしているかというと、「会社は辞めずに、2カ月間の育休を取ることにした」と。

 すごく勇気のある決断だったと思います。

 なぜなら、商社マンは入社4~5年目のタイミングで海外研修というキャリアステップが始まるのが一般的なので。彼はおそらく、そのオプションよりも、期間限定の子育てに価値を見いだして、中・長期でキャリアを構築しようと考えたのだと思います。

 きっとこれからは、そういう選択を躊躇せずに選ぶビジネスパーソンが増えるような気がしますし、上の世代の方々には、「もしもあなたの部下が、自分の人生にとって大事なことを貫こうとしていたら、どうかその決断を尊重し、応援してあげてください」とお伝えしたいです。

その背景には、「以前よりも、会社は社員を守れなくなった」という時代の変化があるのかもしれないですね。

長内:そうかもしれません。結局、自分の人生は、自分でつくっていくしかない。そういう力を備えようとする個人を僕も応援していきたい、という思いも強くあります。