本当にダメダメ…でも幸せ。それが子育て

奥さまへの感謝の気持ちが強いのですね。

小林:それしかないです。実は2番目と3番目の間にもう1人、子どもがいたんです。生まれつき心臓が弱く生後9カ月で他界してしまったんですが。彼女はそういうつらさも乗り越えて、5人をここまで育ててくれた。

 すごい女性だと思いますし、亡くなった子どもからも、私は貴重な学びをもらいました。それは「1秒を大切に生きろ」という学びです。私がセミナーや講演でよくこの言葉を伝えるのは、1秒を懸命に生きる姿を見せてくれたわが子からの学びがあったからです。

最後に、小林さんにとって「子育て」とは。

小林:そうですね。「唯一、自己嫌悪に陥ること」でしょうか。

 もともと超楽天主義な性格で、CPOという天職に恵まれて、仕事でクヨクヨすることは滅多にないのですが、子育てに関しては自分の中だけで解決できないことだらけ。子育てに正解なんてないけれど、「あれでよかったのかな、これでいいのかな」と迷いながら、子どもたちと向き合っています。

 子どもが真剣にぶつかってきたら、自分にとって正解だと思うことを伝えるけれど、あとになって、「あれは自分にとっての正解でしかなく、彼にとっては正解ではないかもしれない」と振り返ったり。

 ホントに下手くそです。ダメダメです。でも、めちゃめちゃ幸せです。いくらダメでも、幸せを感じられる。それが子育ての醍醐味なのかもしれないですね。

■子育てとは?

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

 本連載「僕らの子育て」が1冊の本になりました。新しい時代を担う若手経営者たちや、様々な業界のプロフェッショナルたちが、どのように「育児」と向き合っているのか。また子育てと仕事(組織運営や人材育成)との関係は——。

 

 注目の経営者たち10人へのインタビューを通して、驚きの実態が見えてきた!

◇学校はあえて「公立」。多様性ある環境で、リーダーシップを学ばせる

◇スマホは3歳から。失敗も含めて、早くから体験したほうがいい

◇経済の仕組みは「メルカリ」を通してレクチャー

◇単身赴任でも、LINEを使って毎日コミュニケーション

◇スポーツはサッカーとゴルフ。サッカーで友達を増やして、ゴルフで忍耐力を養う

◇「オールA」より、B・C混じりの成績をほめる。あえて不得意なことに挑戦!

◇「将来有望」なスキルを身につけるより、「大好きなこと」を見つけさせる

◇一緒にいられる時間が短くても、「濃く」「深く」愛していく

 どの家庭も、今日からすぐに実践できる! 「自分の頭で考えて動く」賢い子供の導き方が満載。『子育て経営学』は、絶賛、発売中です。

この記事はシリーズ「僕らの子育て」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。