全3189文字

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載23回目に登場するのは、楽天の常務執行役員兼チーフ・ピープル・オフィサー(CPO)を務める小林正忠氏。CPOというと聞き慣れないが、楽天に関わる「人」を幸せにするのが、小林氏の仕事だ。楽天の創業メンバーであり、「人が幸せになるのが大好き」と公言する小林氏。家庭ではどのようなスタイルで子どもたちと向き合っているのか、話を聞いた。今回はその後編。

 なお小林氏は2019年2月18日〜21日に福岡で開催される「ICCサミットFUKUOKA 2019」のプログラム「子育て経営学— 私たちは子供をどう育てていくのか?」に登壇。本連載の初回に登場した早稲田大学大学院の入山章栄准教授らとともに、子育てと経営の共通点などについて語り合う。

楽天 常務執行役員兼チーフ・ピープル・オフィサー 小林正忠(こばやし・まさただ)氏
1994年、慶應義塾大学をSFC第1期生として卒業。1997年、三木谷浩史氏らと共に創業メンバーとして楽天に参画し、ショッピングモール事業責任者を務める。営業部門を始め、大阪支社、マーケティング部門、国際事業部門などの立ち上げを行いながら、6人から1万人超への組織の拡大に伴走する。2012年より米国本社社長、さらに2014年よりアジア本社社長(シンガポール在)を歴任し、2017年末より現職。母校の慶應義塾大学に「正忠奨学金」を創設するなど、次世代の育成にも注力する。2011年、世界経済フォーラム Young Global Leadersに選出された。
取材時、47歳。都内在住。専業主婦の妻、小学生から高校生までの2男3女との7人暮らし。(取材日/2018年12月14日、撮影/鈴木愛子)
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

インタビューの前編「子どもと真剣に向き合うなら、2人きりで旅に出よう」で、小林さんは子どもたちに「任せる」方針を大切にしているとおっしゃいました。一方で「これだけは厳しく言っている」ということはありますか。

小林氏(以下、小林):割とマナーに関しては厳しく言う方だと思います。特にしつけが身につく幼少期には、「守らなければご飯はおあずけ」というくらい徹底していて、“怖い父親”で通していました。

 彼らに大事にしてほしいのは、感謝の気持ちです。私自身が親から「感謝して生きなさい」と言われて育ち、その結果、ハッピーな人生を送れているという実感があるからですね。

 例えば、会社に出勤してオフィスの廊下を歩いていても、社員だけでなく、ガードマンや清掃をしてくださる方にも、私はよく話しかけるんです。元来、おしゃべりだというのもありますが(笑)、「感謝を伝えてマイナスになることはない」と信じているので。

 子どもたちにも、目の前にいる人が自分に何を与えてくれているのか、自分は何を与えられるのかを想像できる力を備えてほしいと思っています。

将来のキャリア選択については、どんなアドバイスをしていきたいですか。

小林:「こういう仕事がいい」と私から言うことはありません。可能性を狭めない方がいいと思っています。「勉強しなさい」とも言ったことはないですね。私は落第寸前なくらい成績が悪かったのですが、父親から「勉強しろ」と言われたことはなくて。長い人生において、それほど重要なことではないと思っているんです。

小林さんにとって、仕事と子育ては互いに影響し合うものですか。