全2281文字

 前回「不飽和?オメガ?トランス?どの脂肪酸が危ないのか」は、中性脂肪を構成する「脂肪酸」について解説しました。

 飽和脂肪酸もいろいろな種類があり、意外と複雑ですが、一価不飽和脂肪酸(オリーブ油)やn-3系脂肪酸(魚油)で悪い報告は今のところ聞かないので、それらを柱にして食生活を組み立てるのも有益です。

 また、以前「糖質ゼロで、人間は生きていけるのか」で解説した通り、炭水化物(アルコールも含む)の過剰摂取によっても、中性脂肪は増加します。むしろ、健診で中性脂肪の高値を指摘されている人は、脂質というよりも、炭水化物の取りすぎであることがほとんどです。日々の食生活において、脂質と炭水化物の両方に目を配るようにしてください。

 では、脂質のもう一つの柱であるコレステロールについてはどうすればよいでしょうか。