全3283文字

「結果にコミットする」とのスローガンと、芸能人の衝撃的な痩身ビフォー&アフターの姿が登場するコマーシャルで、大きな注目を集めたRIZAPグループ。パーソナルコーチによるマンツーマンの指導で大人気となりました。しかし、2019年3月期の連結業績予想を下方修正。営業損益が230億円の黒字から33億円の赤字に転落すると明らかにしました。

 急成長を続けていたと思われていたRIZAPの業績が急伸、そして悪化した原因は、「M&A経営」とその会計処理にありました。今回は、1月25日にグループ再編の第一歩を踏み出した同社の現状と先行きを分析します。

「結果にコミットする」とのスローガンで大きな注目を集めたが……(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「負ののれん」が利益をかさ上げ

 最新の決算である2019年3月期の第2四半期(以下、19年3月期)から過去3年分の業績の推移を見てください。

■RIZAPグループの業績推移

 売上収益(売上高)は大きく伸びています。17年3月期は前年同期比61.6%増の415億円。18年3月期は同50.8%増の625億円。19年は74.3%増の1091億円となっています。

 ここだけを見ると絶好調のように見えますが、営業利益は急速に悪化しました。17年3月期は、同325.5%増の63億円の黒字を計上しましたが、18年は同22.0%減の49億円。そして19年は88億円の赤字に転落しています。

 売り上げは伸びているのに、利益は急減している。この原因は何でしょうか。最も大きな理由は「積極的なM&A」でした。RIZAPは特にここ1~2年、急ピッチでM&Aを進め、傘下の会社を増やしてきたのです。本業とは離れた、サンケイリビング新聞社、ぱど、メガソーラー事業なども買収の対象にしました。

 買収した企業の中に業績の振るわない企業も少なからずありました。1年ほど前に買収したシャンプーなどを販売するジャパンゲートウェイは4~9月期だけで20億円の赤字を計上。RIZAPは同社の売却を決め、19年3月期に8億円の売却損を計上する見込みです。

 それでも、昨年まで黒字を維持できたのはなぜでしょうか。

 答えは、「負ののれん」です。「のれん」とは、会社を買収した際に生じる勘定科目で、買収額と、買収された企業の純資産額との差額を計上します。会社の帳簿上の価値は純資産額(資産から負債を引いた額)です。これを上回る金額で企業を買った場合、差額は「のれん」として貸借対照表の資産の部に計上し、償却あるいは、場合によっては減損する必要があります。

 日本基準の会計基準を使っている企業の場合は20年以内の償却、米国基準やIFRSを使っている場合には、被買収企業が思った収益を出さない場合に減損する必要があるのです。逆に、純資産額より低い金額で買収した場合は、「負ののれん」が発生し、その差額が利益となります。

 RIZAPは、この「負ののれん」を営業利益に計上していました。さらに言えば、利益の多くを負ののれんが占めていました。これは、会計上認められるもので、不正会計ではありません。ただし、RIZAPの場合は大きな問題がありました。また、「負ののれん」が発生する会社は、一般的には業績の悪い会社です。元々、将来の業績不安を内包していたと言えます。

 RIZAPは業績予想を立てる時も、負ののれんを営業利益の中に含めていたと推測されます。つまり、純資産よりも安い金額でM&Aすることを前提にしていた。こうしたやり方は一般的にはありません。よほど高い確率で安く買える候補企業が多くある場合は別ですが、それはなかなか難しい。

 これまで、外部ではなかなかこの状況に気付いていませんでした。かなり業績が伸びていると思われていた。しかし、実際には、負ののれんが利益をかさ上げしていたわけです。

 おそらく監査法人などに「負ののれんを営業利益に計上すべきではない」と指摘されたのでしょう。こうして、2019年3月期の第2四半期の営業損益は、88億円の赤字となりました。

 そもそも、業績が振るわない会社を買収してきたわけですから、負ののれんを利益に含めなければ、赤字がどんどん膨らむはずでした。