(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 子供の数が減り続けている。
 定年まで働く女性が増え続けている。
 結婚しない、あるいは、したくてもできない人が増え続けている。
 年老いた親の介護と仕事とを両立させたい人が増え続けている。
 ……なのに、これまでの「ピラミッド型の人口構成」を前提とした雇用システムがいまだに続いている。

やる気がある人ほど空回り

 今や40歳以上が労働力の6割強を占めているのに、働き方・働かせ方のスタンダードは変わらない。気が付けば、部下なし管理職にさえなれない万年ヒラの会社員が7割を超え、職場に舞い戻った定年後再雇用の人たちが“現場”にあふれている、にもかかわらずだ。

 ちなみに4月1日現在、15歳未満の子供は1465万人で、前年より25万人も減った。全人口に占める子供の割合はたったの11.7%。年齢階層別では、12~14歳が323万人、0~2歳は251万人と、若くなるほど少ない。
 251万人の子供たちの多くが新卒社会人になる20年後、今の40歳は60歳。そう、まだ60歳。“働く余力”が十分にある年齢だ。

労働力の年齢構成割合の推移
労働力の年齢構成割合の推移
出所:労働政策研究・研修機構「変わる雇用社会とその活力 ――産業構造と人口構造に対応した働き方の課題――」
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで私は、企業は「50歳以上を使うしかないのだ!」と、口が酸っぱくなるほど言い続けてきた。しかし企業は、「ベテラン社員のモチベーションをどう維持するかに頭を悩ませている」としつつも、ごく一部の社員以外は戦力外。「お引き取り願いたい」が本音だった。

 むろん、定年をなくしたり、ベテラン社員の人事評価基準を変えたり、積極的に再雇用したりするなど、ベテラン社員の力に期待する企業は増えつつある。が、そういった取り組みをしている企業の社長さんでさえ、

 「やる気のある人でも50代後半になった途端、スピードダウンしてしまう」
 「やる気のある人ほど、空回りしてしまう」
 「やる気はあっていい仕事をするんだけど、協調性に欠ける」
「50代を使うのは、本当に難しい」
 と、ちょっとだけ後悔していた。

次ページ 勤め続けたほうが得