(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

私はいま大学2年生です。
 頑張って勉強して、志望大学に入れたのに
 (新型)コロナ(ウイルス感染症の拡大)で2年間台無しです。
 大学は、少しずつ再開しましたが
 1年生の時の思い出はほぼ皆無。
 本当ならサークルの勧誘など受けてみたかった。
 大教室で講義を受けたかった。
 2年生のうちに留学したかった。
 でも、もう就職活動を始めることにしました。


 これはNHKが開設している「ふだんあまり口にはできない気持ちをはき出し、わかちあえる“居場所”を目指した」サイト(ハートネット)に、今年1月8日に投稿されたメッセージである(冒頭のみ)。

限界まで追い詰めたのは誰

 「大変なのはみんな同じだということは分かる」「皆みたいに柔軟に生きれない」「大学生活を謳歌したかった」「報われなかった」「そろそろ就職」……。
 ある女子大学生の、頭では理解できても、心がついていかない、“はき出したい気持ち”がつづられていた。

 「大学生活」という、さしたる色気もない4文字に心地よさを感じるのは、「新型コロナ」が発生する前の世代だけの特権になってしまった。“台無し”(前出)になった2年間、すなわち18歳、19歳のときって、人生で唯一無二の「何もしない」ことが許される、極めて貴重な時期だ。

 なのに、無情にもそれが奪われてしまった。「何もしない」のではなく、「何もできなかった」。

 100年に1度のパンデミック(感染症の世界的流行)は、相手を真っ正面から見つめて話すこと、不安そうな手を握ること、うれしくて思わず抱きしめること……、そういった他者と直接触れ合うことが、とても特別なことで、大切なことだったと気づかせてくれたけど、学生時代の1年間の空白=1年生のときの思い出はほぼ皆無(by 冒頭のメッセージ)ということが、若者たちを追い詰めている。

 大人でさえ、リモート越しのつながりでは心が温まらず人恋しいのに、「人間関係が全て」の若者には、あまりに残酷な経験であろう。友人関係に悩んだり、友達とぶつかったり、恋をしたり、恋に破れたりすることで、心の動きの機微を学び、共感する感情や自立する心が育まれるのに。全て“妨害”されてしまったのだ。

 就職氷河期世代が「不景気」という社会の不条理を押し付けられた人たちなら、今の若者たちは「対面の制限」という社会の不条理に追い詰められた“コロナ世代”だ。

 むろん、こうしたカテゴライズをすることは、時にネガティブな経験を当事者にさせてしまうことがあるので、“コロナ世代”という言葉、表現には批判があるだろう。しかし、“大人”が決めた、新型コロナの拡大防止策により、「思春期の若者たちの心を限界まで追い詰めてしまった」という現実を、忘れないための“共通のワード”としての役割にはなるかもしれない。この理不尽な経験を、「いい経験にしてほしい」などと安易に片付けないために。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4285文字 / 全文5581文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「一生健康で飲むための『飲酒の科学』」

■開催日:2022年5月30日(月) 19:00~20:00(予定、開場はセミナー開始10分前から)
■テーマ:一生健康で飲むための『飲酒の科学』
 

■講師:肝臓専門医 浅部伸一氏/酒ジャーナリスト 葉石かおり氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員と日経Goodayの有料会員は無料で視聴できます(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください。


>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。