(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 「死にたくて死ぬ人はいません。死ぬしかないから、もう生きられないから、命を絶つという選択を余儀なくされるのです」

 以前、自殺予防に長年携わってきた先生が、こう話してくれたことがある。
 心が引き裂かれるような出来事をきっかけに、次々と苦しみの連鎖に陥っていく。次第に家族関係も悪化し、友人とも距離をおくようになり、「助けて!」とSOSを出す気力も失われていく……。

女性の自殺者が2年ぶりに増加

 悲しいかな、新型コロナウイルス感染症はそんな“苦しみの連鎖”の引き金になった。

 コロナはすべての人たちから平等に日常を奪ったが、その影響は平等ではなかった。コロナ以前は、私たちと同じ日常の中にいる“隣人”だった人たちが、「もう生きられない」と、この瞬間も声にならない叫び声を上げている。

  • 「働く女性、自殺3割増 コロナ禍『非正規』影響か」
  • 「追い詰められる働く女性 女性の自殺率15%増加 コロナで雇用悪化」
  • 「働く女性の自殺増加 コロナで雇用環境悪化も」
  • 「働く女性の自殺、昨年は3割増……コロナ失業・減収が影響か」

 これらは、2021年11月2日に閣議決定された「自殺対策白書」を報じる新聞各紙の見出しだ。

 2020年の1年間に自殺した人は2万1081人と前の年より912人多く、女性は935人増えて7026人と2年ぶりに増加。一方、男性の自殺者は前の年より23人減って1万4055人となり、11年連続で減少した。
 職業別に見ると、「被雇用者・勤め人」が381人増(過去5年の平均と比較)。その内訳は「事務員」が最も多く、「その他のサービス職」「医療・保健従事者」と続いている。「働く女性の自殺増」の背景には、「非正規労働者の雇用環境の悪化」が影響したと、各紙報じた。

 一方、内閣府の調査では、「働く女性」だけではなく「主婦」の自殺者も増えていると指摘。無職者、女子高生の増加が大きく、無職者の中では「主婦」が最も多かった(内閣府男女共同参画局「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会報告書 ~誰一人取り残さないポストコロナの社会へ~」)。

自殺者数の増減
自殺者数の増減
出所:内閣府男女共同参画局「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会
報告書 ~誰一人取り残さないポストコロナの社会へ~」
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/5 自分ごととして考えられるか

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り721文字 / 全文5386文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。