(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 先日、ある企業の部長さんとお話ししたときに、興味深い話を聞いた。

 「最近の若者は、ワクワクするって意味が分からないとか言うんですよ。それで、『仕事で面白いと思ったりするだろ? それだよ』と言ったら、『仕事って面白いものなんですか?』って真顔で返されちゃって。なんかこっちも、ムキになっちゃって、『チャレンジしたいこととかあるだろう?』って聞いたら、『普通に暮らせればいいです』って、あっさり言われちゃいました。
 若い社員の働く意識が、私たちの頃と変わってきたと思ってましたが、仕事そのものに興味がないってことですよね。

最近、ワクワクしてますか

 会社としてはね、長時間労働をしないよう徹底的に管理して、有給休暇も取れるようにしたし、キャリアパスも示さないとダメだってことでね。色々とやってきたんですけど……。
 なんだかコミュニケーションを成立させるのが、難しい世の中になっちゃいましたね」

 こう嘆いていたのである。

 ワクワクする――。

 最近、私も使ってないですね、この言葉(笑)。というか、死語に近い?気もしなくもないけど。
 だが、一方で、1年におそらく2回か3回くらいは、「ワクワクする仕事を経験」したからこそ、今までがんばって来られたように思う。そもそも「3年働いたらさっさと辞めて、結婚して、30歳前には子供を産む」予定だったノーテンキな小娘が、「仕事って面白い! もっと自分の能力を発揮したい!」などと勘違いし、半世紀以上生きた「今」も必死に働いているわけで。自分の能力の限界に毎度毎度打ちのめされながらも、なんやかんや言っても「仕事はおもろい」……と思う。

 しかしながら、件の部長さんが「若い社員の働く意識の変化」という最近やたらとあちこちで聞く言葉を使い、「コミュニケーションを成立させるのが難しい」とコミュニケーションのせいにしたことに、少々違和感を持った。いや、正直に申し上げれば、この数年間、抱き続けている不信感といってもいい。なにせ、こういう論理展開、すなわちあたかも「若者」に原因があるような話の展開にする大人たちが多すぎる。

 つい先日も、「権利意識が強い社員」「部下の常識力の高め方」「若手社員とのコミュニケーションに不安」という文言を盛り込んだ、パワハラ防止セミナーの告知が大炎上する“事件”があったばかりだ。この件についてはこちらのコラムに書いたのでここでは書かない(資料)。

 ワクワクの意味が分からないのも、仕事が面白くないのも、「若い社員の意識の変化」ではなく、そういう意識を生み出している大人の問題ではないのか?
 そもそもおじさん・おばさんたちは、ワクワクしているのだろうか?

続きを読む 2/5 大企業社員の特権意識

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2634文字 / 全文6180文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。