(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 「45歳定年制発言」が波紋、いや、大大大炎上している。

 既にご承知と思うが、流れを簡単におさらいしておく。

 サントリーホールディングスの新浪剛史社長は9月9日、経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席し、ウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。さらに、同日に行われた記者会見でも「(定年を)45歳にすれば、30代、20代がみんな勉強するようになり、自分の人生を自分で考えるようになる」と従業員の意識改革を促す効果を強調。日本の多くの企業が採用している、年齢が上がるにつれ賃金が上昇するしくみについても「40歳か45歳で打ち止めにすればよい」と語ったという(資料1資料2)。

コスト削減したいだけ?

 これらが報じられると、SNSで瞬く間に拡散。

 「これ以上氷河期世代イジメをするのやめろ!」
 「45歳までに生涯賃金くれるんですよね?」
 「若いうちだけ使って、もういらない、てか?」
 「コスト削減したいだけだろ」
 「会社が従業員に頼ってんだろ!」
 ……etc.etc. とにもかくにも不満爆発だった。

 あまりの炎上っぷりに驚いたのか、翌日(9月10日)の記者会見で、「首切りをするという意味ではない」と釈明する事態に。「早い時期にスタートアップ企業に移るなどのオプションをつくるべきだ」「45歳を過ぎても希望する人とは契約するのが前提」「国がリカレント教育や職業訓練をするのが前提」などと、あくまでも「選択のひとつとしての45歳定年制」を強調した(要旨)。

 「会社に頼らない」(by 新浪社長)――か。
 経営者の方たちから、何度も聞かされてきた言葉だ。

 「自分の人生を自分で考えるようになる」(by 新浪社長)――ね。
 心配御無用! みんな自分の人生くらい自分で考えていると思いますよ。

 10年ほど前になるだろうか。新浪さんの講演会を聴く機会があり、私はえらく感動した。
 現場感が話の至るところに漂っていて、「人を見てる」ことに共感したのだ。

続きを読む 2/5 当たり前が想像できない?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1188文字 / 全文5595文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。