(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 「最初の頃は、いつ切られるんだろう? と、そんなことばかり考えていました。でも、2年くらいたって、『やりたい!』と手を挙げれば、とことんサポートしてくれることが分かりました。『下位◯%はリストラ』とメール一本で通達が来るのは、いまだに慣れませんが。やる気さえあれば、僕は外資系の方が自分の能力を発揮できると思います」

 男性が自分の会社が外資系企業に買収されたと知ったのは、通勤電車の中だった。
 突然、社名が変わり、上司が外国人になった。「リストラ」という文字が頭から離れない。
 ところが、それまで経験したことがないような丁寧な面談が、繰り返された。入社時から今までの経歴や経験を尋ねられ、実に誠実に自分の話を聞いてくれていると感じたという。同僚の中には転籍を打診されたり、自ら退職を希望したりする人もいたけど、会社は本人が納得するまで徹底的にサポートし、辞めていく同僚たちから会社への恨み節は一切なかったそうだ。

夢のような会社とは

 これは今から5年前に、ある外資系企業に講演会で呼ばれたときに、担当者の男性が話してくれた内容である。
 新型コロナウイルス禍で産業構造が変わり、求められる能力も変わる中、男性はどうしているか、先日、久々に連絡を取ってみた。

 「僕は今、ある半年間のカリキュラムに参加しています。その間、給料が減らされるという点は、なかなか厳しい現実ですが、今後の事業展開には確実に必要な内容なので、今は学ぶことに集中しています。あ、といってもそこは外資といいながら日本なので、週2回は会社の仕事もやってますけどね。
 希望退職ですか?
 もともと年齢制限なく誰でも希望できるので(応募状況に)変化はないですね。ひょっとすると、この後増えてくるのかもしれませんが、会社の方針としては、今いる人材のスキルアップに投資して、新規の事業展開を目指してるんだと思います」

 実は、男性にコンタクトしたのは、日経新聞の記事がきっかけだった。先週、お盆真っただ中に(新型コロナでお盆休みも関係ないということで)リモート会議があり、そこで日経の記事が話題になった。8月11~13日付の朝刊に、“リスキリング”に関する特集記事が掲載されていて、そこで取り上げられた日本の某企業の話になり、
 「夢のような会社だよ~」
 「本当、二極化だなぁ」
 「いやいや、二極じゃなくて一極でしょ」
 「ごくごく一部には、夢のような企業があるってことですよ」
 「そう。あとは……非正規(雇用)増やしまくって、切りまくったわけでしょ」
 「日本の企業って、結局、経済大国の仲間入りした途端、米国のまねをして。今は何を見習ったらいいのか分からなくなってんじゃないのかな」
 などなど、多いに盛り上がった。

続きを読む 2/5 「学び直し」ではない

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4393文字 / 全文6208文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。