(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 あそこまで“えげつない発言”を見たのは、正直、初めてだった。
 「不適切」というレベルをはるかに超え、口にするのもおぞましい。どうしたらあんなに非道なことができるのか。当時、問題にならなかったのが不思議なほど。1990年代といえば、学校の“いじめ”で命を絶つ子供が相次ぎ、社会的問題になっていた時代である。その渦中で、「自分の名前」で仕事をしていた「いい大人」が、まるで武勇伝のごとく「障害者いじめ」をメディアで語ったのだ。

 ただ、その一方で“リトル小山田圭吾”のようなものを心の奥底に秘めた人たちは、決して少なくない。

なんとなく「許してきた問題」

「おまえみたいなアホ、義務だから雇っているだけだよ」
「何もしなくていいよ。どーせ何もできないだろ」
「トイレ掃除くらいできるだろ? カネ払ってんだから、やれよ」
「いいよな~。来るだけでおカネもらえるんだからな。おれも障害者になろうかなぁ」

 これらはすべて私のインタビューで得られた「実際の言葉」だ。
 職場の上司や同僚が、「障害者雇用」という枠組みで働く“仲間”に浴びせた、心ない言葉のごく一部である。

 小山田氏の発言について、「時代背景を考えないと」だの「過去の発言のことをいつまで言われるのか」だのと、「時代や社会」のせいにする意見が散見されたが、いまだに「障害者へのまなざし」を変えられない人たちがいる。

 東京五輪は、開催に至るまですったもんだ続きだったけど、日本社会が「なんとなく」許してきた言動の是非を、世界レベルで考えるいい機会になったように思う。

 はるか遠い日の出来事のように思える「森喜朗氏の女性蔑視発言」然(しか)り、演出総括者の「容姿蔑視発言」然り、はたまた「まだあったか!」とあきれさせた演出担当の「ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)ネタ」然り、そして、(あまりに卑劣すぎて、もう名前も書きたくない)某氏の「障害者いじめ問題」然りだ。

 これらはすべて世界的な基準で考えれば、言い訳する余地などみじんもない「絶対に許してはいけない」問題である。なのに、いずれの問題に対しても、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の“感度”は低く、“彼ら”を擁護する声も後を絶たなかった。

 そういった意味でも、日本社会が「なんとなく」許してきたこれらの問題の罪を、今、考えないでどうする? 今こそ、ちゃんと向き合い、内省し、学び、考え、具体的な行動につなげる必要があるのではないか。

続きを読む 2/5 日本に差別はない?

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。