50代、まだやるべきこともあるし、やりたいことだってある。「働き方改革」という会社が立てた錦の御旗を守るために若手の身代わりでサービス残業をし、上司の理不尽な要求にも「家族のためだ!」と応えてきた。管理職として部下の未来も考え、部下のためにひそかに汗を流したことだってある。
 それだけに、頭の中で浮かんでは消える「後進育成」という美しい4文字が、うらめしく見え、「役職をもぎ取られた感」が沸き立ち、そんな感情を抱く自分にも嫌気がさす。おじさんもおばさんも結構、ナイーブなのです。

 先日、役職定年を「ポストオフ」というネーミングに置き換え、50~64歳を対象に「ポストオフ後のリアル」を調査した結果が公表された(「ポストオフ経験に関する意識調査」)。
 量的な調査結果はほぼ想定内。が、自由記述の中身が実に面白い! いや面白いは失礼か? しかし、人間、いやいや「おじさんおばさん」の中ぶらりんかつ複雑な心境が垣間見られる、極めて貴重なコメントだったので紹介する。

給与は減り、自由時間は増えた

 まず最初に、「まぁ、そうでしょうね」という結果は以下の通り。

●ポストオフで変化したもの
 トップが「賃金」82.8%、次いで「周囲からの期待」56.1%、「仕事量・労働時間」52.9%。

●ポストオフ後の仕事に対する意欲・やる気の変化
 「変わらない」人は3割弱。「一度やる気が下がった」人は6割近く。その後も「下がったまま」は4割前後で、「一度上がって下がった」を加えると、半数近くがやる気を失っていた。
 役職別では、「部長ポストオフ」の44%、「課長ポストオフ」の50%が、「やる気が下がったまま・下がった」状態だった。

 では、ここから“リアルコメント”をいくつか紹介する(ポストオフで失ったもの、得たものを自由記述)。

●ちょっとだけ切ない編
 「権限と情報入手量の大量低下で、会社で何が起こっているのか、まったく分からなくなった」
 「サラリーマンとしては、さまざまなことを失った(否定された)。プライベートの時間は得た」
 「年齢によるものなので邪魔をしてはいけないと思うが、役職によってはまだ一線にとどまっている人もいることからすると、自分に足りなかったものは何だったのかを考えてしまう」
 「以前と同様の仕事なのに給料が下がることへの不満がある。自由時間の増加」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り669文字 / 全文4876文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。