写真はイメージです(写真:Shutterstock)
写真はイメージです(写真:Shutterstock)

 大人たちの、大人たちによる、大人都合の「ひとつよろしく!」政策により、子供たちの生きる力が奪われている。

 下のグラフにある通り、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、1回目の緊急事態宣言が発出された2020年(令和2年)4月以降、「児童生徒」の自殺者がこれまでに比べて突出して多くなっているのが分かるであろう(出所:文部科学省「令和2年 児童生徒の自殺者数に関する基礎資料集」)。

厚生労働省の自殺統計に基づく児童生徒の自殺者数の推移
厚生労働省の自殺統計に基づく児童生徒の自殺者数の推移
出所:文部科学省「令和2年 児童生徒の自殺者数に関する基礎資料集」。厚生労働省「自殺の統計:地域における自殺の基礎資料」(暫定値)を基に文部科学省において作成
[画像のクリックで拡大表示]

 20年に自殺した小中高校生は479人で、前年より140人増。統計データのある1980年以降で最も多くの子供たちが「命を絶った」。内訳は小学生14人(前年6人)、中学生136人(同96人)、高校生329人(同237人)。特に高校生の女子は2019年の67人から倍以上の138人と急増した。

大切な「子供の社会活動」

 「コロナのことを考えると寝ながら少し泣いてしまう」(小学低学年男児)
 「死にたくなる」(小学高学年女児)
「コロナのことを考えたりニュースで見たりするとなんとなくイライラする」(中学女子)
 「飲み屋さんとかで大人たちが騒いでいるのを見ると、私たちが普段学校とかでしている対策は何なんだろうなと思う」(中学女子)
 「『子供がずっと家にいるのがストレス』って言うけど子供も同じだし、自分の存在を否定されるのはつらい」(中学女子)
 「子供をバイ菌あつかいしないでほしい」(中学女子)
 「大人はおさけをのみにいけるのに、こどもがあつまってあそぶのはダメなのはなんで?」(小学低学年男児)
 「子供がかわいそうだから……とか大人はよく言うけど実際思ってないくせに……と思う」(小学高学年女児)
 etc.etc.……

 これらの辛辣な大人への苦言は、国立成育医療研究センターが20年6~7月に実施した「コロナストレス」に関する調査に寄せられた「子供たちの声」だ(参考コラム「『子供をばい菌扱いするな!』絶叫する子と正義ぶる大人の罪」)。

 大人は簡単に、「外に出るな! しゃべるな! 集まるな!」と言うけれど、子供にとって、外に出ること、いろいろな人とおしゃべりをすること、子供たち同士で集まり、遊ぶことは、子供の生きる力を育む、極めて大切な「子供の社会活動」である。

続きを読む 2/5 大人が向き合うべき現実

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り546文字 / 全文5167文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。