(写真:Shutterstock)

 「人」を全く見ない人たちによる、「ひとつよろしく!」政策で、「現場の人たち」が限界に追い込まれる事態が続いている。

 「とにかくもう、本当に人手が足りないんです。ずっと、本当にずっと働き続けている。気が休まる暇もない状態が1年以上続いています。
 こんなのでいい介護ができるわけがありません。つい大きな声を上げてしまったり、(介護施設利用者の)手をたたいてしまったり。自分が嫌になることばかりです。私がやりたい介護ができない。それどころか、ベッドに寝かしつけた後、『このまま起きてこないでいてほしい』などと思ってしまう。もう、私、おかしい。自分が怖いです。

 今まで10年以上、この仕事に関わってきました。介護という仕事にプライドがありました。賃金や待遇はあまりいいものではありませんが、認知機能が低下し、足腰が弱っていく高齢者の方でも、介護の善しあしで、状態が改善するんです。それがやりがいでしたし、私の介護士としての信念を支えていました。
 なのに……、今は、もう何をどうすればいいのか分からない。時折感情がなくなっている自分がいて、このままでは壊れてしまいそうで……本当に怖い」

疲弊し続ける介護の現場

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した1年前から、介護現場の窮状を繰り返し書いてきた。
 メディアでも当初は、介護施設で新型コロナのクラスターが発生など、介護職の人たちの“苦労”にスポットを当てた報道が多かったが、最近はめっきり減った。あたかも「状況は改善している」かのように……。

 が、実際にはそんな気配はみじんもない。
 入所者や利用者、つまり、「おじいちゃん、おばあちゃんの元気」が急激に減退していて、数年後にはあちこちで、悪い予感をはるかに超える“超高齢社会の悪夢”が頻発しそうなほど、現場の限界境界線は揺らいでいる。

 冒頭のコメントは、私がいつも介護現場の状況を取材させていただいている、数人の知人のうちのひとりによるものだ。
 彼女は「介護の現場がますます疲弊している状況を発信してほしい」とメールをくれた。
 一方、いつもコラムの感想などをメールしてくださる介護ホームに入所する94歳の“お友達”も、毎回、介護ホームの悲惨な状況を訴えている。

 「外出禁止になり、家族との面会も禁止され、さらに、これまでのレクリエーションもすべてなくなってしまったので、入所者は狭い個室ですることもなく、時間が過ぎるのを待っています。認知症が進み、廊下をあてどなくさまよっている人が多くなりました。
 コロナ前、唯一の話し相手だった女性も、耳が遠くなり会話ができなくなってしまいました。

続きを読む 2/5 「本人同意」に困惑

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り842文字 / 全文5703文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。