(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 改正高年齢者雇用安定法が4月1日に施行され、従業員が70歳まで働けるよう努力することが企業に義務づけられた。
 この話題を報道するメディアは、こぞって「高齢者の働き方が~」だの「高齢者のモチベーションをどう維持するか~」だのと、高齢者、高齢者、高齢者という言葉を連発している。

 なんだろう、この違和感。いったい高齢者って何なのだろう?
 「何、バカなこと言ってるんだ! 65歳以上を高齢者って定義してるんだから、高齢者で問題ないだろ」
 と叱られそうな、幼稚な問いではある。だが、私がこれまでお仕事させていただいた“高齢者”は高齢者ではなかった。

無意識バイアスによる年齢差別

 65歳を超えているといっても、60歳となんら変わらないし、50代ともさほど違いがあるわけじゃない。40代より仕事ができないわけでもなければ、パソコンが使えないわけでもない。

 なのに“高齢者”とラベリングされることで、「雇っている企業も大変だよなぁ」「そうだよ、70歳まで雇用するとかコストかかるだけだろ」だの、「高齢者より、若手」「そうそう、Z世代!」だのと、あたかも年齢が能力を左右するがごとく厄介者扱いだ。

 若手を積極的に雇用している企業は、「攻めてるね!」と評価されるのに、年長者を積極的に雇用すると「社会貢献」のように評される。若手の給料を上げると「当然でしょ」と言われるのに、年長者はまるで給料泥棒のように言われてしまうのだ。

 年を取るほど、若い社員よりも能力が低く、新しいことへの適応力が劣り、仕事に取り組む意欲が乏しくなる、と思われている。
 若いからといって仕事ができるわけでも、創造力が高いわけでもないにもかかわらず、だ。  

 これぞ「無意識バイアス」。
 そう、無意識バイアスによる年齢差別だ。ここ数本立て続けに無意識バイアスの問題を取り上げて、女性差別、男性差別などジェンダーバイアスについて書いてきたけれど、性差別と同様に、年齢への無意識バイアスがはびこっている。その差別が職場にもたらす影響は極めて深刻である。
 例えば、米国では1967年に、年齢差別をなくすために「雇用における年齢差別禁止法」を制定し、40歳以上の労働者に対する差別を禁じた。しかし、全米退職者協会(AARP)が2013年に実施した調査では、45~74歳の労働者の3分の2が、年齢差別を目撃、あるいは経験したことがあると答えた。

続きを読む 2/5 「やる気がある」のは年長者

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1653文字 / 全文5446文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。