(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 またもや日本の「性差別」発言が、世界の注目を集める事態に発展してしまった。

 自分の立場を全く“わきまえない”人たちの貧困な発想と、コミュニケーション能力の低さ、「生きづらい世の中になったな」などの言動には、ほとほとあきれるばかりだ。

「でも、女性は周りの人たちが騒ぎ立ててくれるからいいですよ」
「女性差別は問題になっても、男性差別は問題にならない」
「女性に容姿のことを言うのは差別なのに、男は言われっぱなしだ」
「女性を『きれいですね』と褒めるのはNGなのに、『我が社のイケメンランキング』はオッケーという理不尽」
「女性はセクハラって声を上げられるけど、男が言うと笑い飛ばされる」
「女性の多い職場の男性は肩身がめちゃくちゃ狭いんですけど……」
……etc.etc.

根が深い「無意識バイアス」

 森喜朗氏(東京五輪・パラリンピック大会組織委員会前会長)の発言以降、本コラムも含め女性差別問題を取り上げる度に、こういった意見がメールなどで送られてきた。

 個人的にはこれまでも「男性問題」は取り上げてきた。が、ご指摘の通り、男性差別、あるいは男性問題への関心は低く、自浄作用もほとんど進んでいない。
 「女らしくしろ!」は袋だたきにされるが、「男になれ!」は美談になってしまうのだから、差別された男性たちが怒るのはごもっともだ。

 しかも、多くの女性差別同様、それらは「無意識バイアス」によるものなので、極めて問題の根が深い。

 無意識バイアスは、社会に長年存在した価値観や外部から刷り込まれた価値観であり、何気ない一言や何気ない行動に、ポロリと出る。自分より“上”の人にはブレーキを利かせても、バカにしてる相手にはエンジンをふかしまくる。

 その価値観が偏見ということも、その無神経な言動がひんしゅくを買うことも、ましてや他人を傷付けるだなんて一ミリも考えていない。実際には、自分が相手を見下しているだけなのに、「生きづらい世の中になったな」などと時代や社会のせいにするのである。

 つい先日も、世間的には“女性活躍”を推進していることで知られる、ある企業の社長さんの発言にクラクラした。

 「私はね、女性をどんどん管理職にしろって言ってるんです。女性のほうが気が利くから、部下のめんどう見がいいでしょ。それに誰にでもズバズバと意見する。ああいうのは新鮮だし、いやぁ~おもしろいよね。

続きを読む 2/5 原因は「ケア労働」の軽視

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。