(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 今回はまず、こちらからお読みください。

 「数合わせさえできないトップが、技術革新だの、生産性の向上だのを実現できるわけないですよ。(女性管理職の比率として)30%を目指すと決めたなら、『どうしたらできるのか?』を考え、議論し、行動するのがトップの仕事です。

 なぜ、30%かと言えば、それがあるべき姿だからです。それ以外に何があるというのでしょうか。そのあるべき姿にたどり着くためには、トップが汗をかくのは当たり前でしょ?

 それをやりもしないで、あたかも女性に問題があるかのごとく言うのは、自分が無能だと言ってるようなもんです。

 だいたいね、30%というのは小学校で習う算数ですよ。そんなこともできないで、よく経営できるなと思いますよ。いろいろと言う前に数字を実現するのが、トップの仕事なんです」

相次ぐ“無意識”発言

 これは先日、中小企業のトップの方たちと意見交換したときに出た、ある社長さんの意見だ。会合ではさまざまな話題が出たが、もっぱら関心が高かったのが森喜朗氏の発言を発端にした「性差別」と「多様性」だった。

 そして、経済同友会の櫻田謙悟代表幹事が「女性側にも全く原因がないわけではない」という“超気を使った本音”を漏らしたことを、くだんの社長さんが極めて辛辣な表現で批判した、というわけ。

 ご存じない方のために説明しておくと、櫻田氏は2月16日の定例記者会見で、森氏の発言を「論外」と一蹴した上で、「日本が生産性を上げるためには、イノベーションが必要であり、イノベーションのためにはダイバーシティーが必要である」と指摘。

 さらに、「今回の問題ではジェンダーという部分で手をこまぬいているが、ダイバーシティーを推進しなければ組織の存続すら危ういとの危機感を持つべきである」と警鐘を鳴らした。

 その一方で、企業において女性の役員登用が進んでいないのは、「女性側にも全く原因がないわけでもない。『(チャンスを)与えられたら』という方はいるが、自ら取りにいかれる方はまだまだ多くないように感じている」と述べたという。

 くしくも日本経済団体連合会(経団連)の中西宏明会長が、「日本社会というのは、ちょっとそういう本音(森氏の発言)のところが正直言ってあるような気もしますし、こういうのをわっと取り上げるSNSっていうのは恐ろしいですね。炎上しますから」と指摘した通り、“ちょっとそういう本音”(櫻田氏の発言)はわっと大炎上。

続きを読む 2/5 他人を傷つける、自覚なき偏見

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。