(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 いったいどんな形で「終わろう」としているのだろうか。

 「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長」という立場を、全く「わきまえ」ない不適切発言を発端とする騒動発覚当初から、メディアは「森喜朗氏の発言が海外でも批判されている」というニュアンスで報じ、森氏の炎上謝罪会見直後も「本人は辞める気だったけど慰留された」だの「余人をもって代えがたい」だのと、まるで「ひとごと」のような報道を繰り返した。おまけに「問題発言で引責辞任する人が、後任を指名する」という明らかにおかしな問題をスルーし、「あたかも決まったように」当人のコメントを流し続けた。

 お粗末というよりひとごと。最初から最後まで「森氏だけの問題」のごとく報じている。

森氏という木ばかり見る愚

 今回の問題は、森氏だけの問題ではない。「私」たち社会の問題である。なんで、ひとごとなんだ?

 念のために断っておくが、森氏を擁護する気持ちはさらさらございません。森氏は、これまでも問題発言を繰り返してきているが、今回もそこいらの飲み屋でお仲間とクダ巻いてるわけじゃあるまいし、懲りないお方だなぁとつくづくあきれた。

 だが、「森氏という“木”ばかりを見て、日本という本当の“森”を見ない」ことには、何も変わらないわけで。

 今回の森氏の不適切発言は、多様性が全くない、同質性の社会構造を保持している日本社会そのものに根差しているわけだし、森氏の発言により世界から注目を浴びる事態も、ある意味起こるべくして起こったことだ。

 会長のクビをすげ替えただけで「このまま終わりにする」、あるいは「ほらね、女性のこと差別なんかしてないでしょ?」とアピールするために女性を「ガラスのショーケースに飾る」なんてことになるならば、今後も、何一つ変わらないであろう。せいぜい「変わったような気がする」だけだ。

 多様性のある社会など夢のまた夢。性差別発言で笑いを取ろうとするやからがいたり、無意識の性差別(アンコンシャスバイアス)により涙する人たちが後を絶たなかったりする社会、そんな「男社会の当たり前」がこれからも続いていく。

 その当たり前を森氏はくしくも「わきまえる」という言葉で表現した。

 わきまえる組織では、上司に「ノー」と首を横に振ることも、「それはおかしい」と反論することも許されない。社内政治に精を出し、「忖度(そんたく)」こそが上司に気に入られる最良の手段となる。

 わきまえる組織では、肩書や属性で人を見るのが当たり前。自分より上なのか?下なのか?で判断し、自分より下の人をバカにする。

続きを読む 2/5 世界は、日本の数百倍速で変化

この記事はシリーズ「河合薫の新・社会の輪 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。